• HUNNY

現役オペレーターが考える委任先ステークプールの選び方3選



現役のステークプールオペレーターが、どのように委任先を選ぶのか、いくつかある基準について説明しています。エイダコインのステーキングにおける、おすすめプールの選び方です。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


ステーキングの手順はこちらで解説しています。

ADA・ステーキングのやり方を解説|ウォレット作成方法の手順も(ダイダロス・YOROI)



こんにちは。わたしは現役のステークプールオペレーターをやっているHUNNYプールです。ティッカー[HUNNY]でpooltool等で検索していただくと出てきます。 またTwitterもやっているので、もしよろしければフォローのほうもよろしくお願いします。



カルダノADAに投資したあと、だいたいの人がステーキングします。(現在約70%の方がステーキングに参加しています)


しかし、どうやってステークプール先を選べばいいかわからないですよね。そこで、現役プールオペレーターのHUNNYプールもステーキング先をどうやって選べばいいのか、なんども考えたことがあるので、そちらを共有したいと思います。


前提


まず信頼できるプールオペレーターかどうかをチェックしましょう。


では、どうやって信頼できるオペレーターかどうかわかるのでしょうか。


ひとつは、日本人のプールオペレーターを選ぶといいと思います。Twitterをやっている方も多いですし、誰が運用しているかわかるというのは、安心感がありますよね。

わたしも所属しているJAPAN SPO GUILDという日本人のプールオペレーターのコミュニティがあります。こちらに所属している方であれば、信頼できる方が多いと思いますのでおすすめです。 →JAPAN SPO GUILDのホームページPoolToolで見る日本ギルド一覧


また、HUNNYプールはTwitterのほうでもDMにて、わからないことがあればいつでもすぐに返信できるので、お気軽にご連絡ください。


ふたつめは、過去の運用実績が参考になるでしょう。

こちらのサイトを利用し、ステークプールの運営状況を調べることができます。(検索窓でtickerを入力してください)


PoolToolの使い方や運用実績をどのように見ていいかわからない方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

おすすめのステークプール運用実績の見方 PoolToolの使い方

ブロック生成の実績があるほうが安心できますよね。

PoolTool

adapools



では、さっそくプールオペレーターの選び方3選について説明していきます。


1. 放置しておきたい初心者向け


ステーキングに対してまだ不安感のある方や、あまりなにも考えたくない方におすすめの方法です。


それは、実績のある大きなプールを選ぶということです。


具体的には、委任量が10M₳~50M₳くらいのプールがいいでしょう。なぜなら、10M₳以上の委任量であれば、毎エポックだいたい同じ額のステーキング報酬が得られるからです。


委任量が10M₳以下のときは、ROSにバラツキがあるが、10M₳以上になるとROSが5%に安定していっている様子がわかります。


また、64M₳以上の委任量には、飽和といってステーキング報酬が低くなるような設定があるので、飽和点に近いプールもメリットが薄いからです。


現在はK=500なので、66₳からROSが減っている様子がわかります。K=1000になった場合は、飽和点は32M₳になり、それ以上の委任量だと報酬が減るようになります。


それに、このような大きなプールは、長い実績がある場合がほとんどですので、途中で手数料をあげないでしょうし、オペレーションミスも少ないでしょうし、プールをやめることも少ないかと思うからです。 あえて、注意点をあげるとするならば、大きなプールは傾向として手数料が高く設定されていることが多いです。(3%など)そこがネックかもしれません。


委任量65.9M₳のプールを例に見てみると、手数料は6%に設定され、委任量も64M₳を超えています。ただ、ROSは5%付近で非常に安定しています。


放置しておくだけでいたい人や、ステーキングに不安がまだある方にとっては良い選択かもしれません。


2. 最大の利益を求めたい中級者向け


最大の利益を求める方法をわたしも考えたことがあります。ただ、カルダノのステーキング報酬は、ウロボロスプロトコルがランダムに決め、すべてのプールがどこも変わらず、年利4~5%程度の期待値となっていますので、とくにどこのプールも優劣はありません。(ブロック生成していて、なおかつ10M以上であれば。10M以下のプールはROAが比較的低くなりやすいようです。)


※現在は青い曲線グラフ(K=500)です。ステーク量によるROSの変化の図


委任量が10M₳以下のプールはROSにバラツキがあり、少しだけROSが低いほうに偏っていることがわかります。それと10M₳以上のプールはROSが5%程度に安定していることがわかります。


では、どうやって最大の利益を得ることができるのでしょうか?


3つの基準で考えることができると思います。


ひとつは、手数料が低いことです。一番安いプールは0%のプールも最近では多々あります。大きなプールは比較的手数料が高い分、手数料の低いプールは比較的小規模なところが多いです。


二つ目は、キャンペーンをやっているかどうかです。現在の相場だと1000₳の委任につき1₳の報酬をプレゼントするところがちらほらとあるようです。(だいたい1ヶ月ほどの縛りがあります) (キャンペーンはだいたいTwitter上で行われています。キャンペーンを得たい人は、Twitterでオペレーターをフォローしておきましょう。新人オペレーターがキャンペーンをすることがほとんどです。) JAPAN SPO GUILDのホームページには、所属SPOの一覧とTwitterやホームページが載っています。 →JAPAN SPO GUILD


三つ目は、委任量です。10M~50M程度であれば、年利が5%程度と同じ期待値ですが、10M以下の委任量だと、比較的ROSが低くなってくるようです。(上の図参考)


なので、結論としては、10M~50Mの委任量があり、手数料の低い、キャンペーンをやっているプールを選ぶということになります。

しかし、10M~50Mの委任量でキャンペーンをやっているプールはほぼないと考えたほうがいいでしょう。キャンペーンをやるのは、たいていプールオペレーターデビューした人か、小規模プールです。


ですので、導き出される結論は二つに割れます。


ひとつめは、10M~50Mで手数料が低いプールを選ぶ

ふたつめは、小規模プールであっても、手数料が低く、キャンペーンをやっているプールを選ぶ


得られるであろうROSとキャンペーンでもらえるADAを比較しなければならず、非常に曖昧な推測しかできないので、難易度は高いです。


前提として目安100K₳以上の委任量があるところでないとブロック生成できないので、ステーキング報酬も得られないのと、小規模プール(100K₳~3M₳)は、ROSが比較的低くなります。また報酬のブレも大きいです。数倍の報酬のエポックもあれば、0報酬のときもあるといったことがありえます。期待値で一定の値に収束するにしても、精神上負担もあると思います。


あと、キャンペーンをやるのは、たいていプールオペレーターデビューしたばかりの小規模プールが多いです。なので、経験不足からオペレーションミスによるブロック生成の失敗がありえます。そうなると当然ステーキング報酬は少なくなります。 このようなリスクがあるので中級者向けとなっています。


3. カルダノの分散化と社会貢献を促進する上級者向け


この選択肢は、経済合理性とは少し違った位置にある考え方です。なので上級者向けとなっています。


まず前提として、カルダノの将来計画の中にはHydraというものがあります。これは分散稼働するプールが増えれば増えるほどにカルダノ本体の処理能力があがるというものです。分散化すればするほどカルダノ自体が強くなるという大きなビジョンがあるのです。ここに参加するのだというADAホルダーの方はきっと上級者にあたるでしょう。


具体的には、小規模プールに委任することです。ご自身の保有量にもよりますが、ブロック生成できるプールであれば、報酬は同程度の水準で、もらえるはずです。(ただブレはあります)(厳密にいうと10M以下の委任量だとROSが比較的低くなります。上の図参考)


では、どのようにそのプール先を選ぶのでしょうか。


ここからは、経済合理性とは無縁です。


Twitterでプールオペレーターの活動を見ることができると思います。そこで、プール収益の一部を寄付するといったチャリティ型のプールもあれば、カルダノに関する情報発信を頑張ってコミュニティ貢献している方もいます。 やはりJAPAN SPO GUILDのホームページから日本人SPOのリストを見て、それぞれTwitterやホームページでどのような活動をしているのか確認するのがいいと思います。 →JAPAN SPO GUILDのホームページ ちなみに、HUNNYプールはチャールズ・ホスキンソンやカルダノの情報が英語であるという問題を解決するために、英語情報を日本語化する翻訳活動をしていますので、ぜひHUNNYプールも応援していただけると嬉しいです。 →HUNNYプールの概要と活動方針


端的にいうと、応援という意味あいが強いかもしれません。ただ、応援といってもブロック生成していれば、同程度の水準の報酬(小さい委任量だと比較的ROSは低くなるかもしれない)はもらえます。少し損をしてもいいから、ミッションドリブンな小規模プールを応援したいといった人はきっと上級者でしょう。

最後に


基本的にはなにもしなくても自動的に報酬が再委任されるので放置でいいのですが、定期的に委任先のプールを先程のサイトを使ってチェックすることをおすすめします。


一つは、報酬がきちんとあるかどうか。(小規模プールのブレはあまり気にしないほうがいいです)


もう一つは手数料の変更をしていないかどうか。悪意のある手数料変更もありえるので、ご注意ください。(累進マージン制で、委任量が増えると手数料を上げていくプールも最近多いですが、多くのプールはきちんと事前告知はしていると思います。)


ステーキング先の選び方には様々な考え方があります。それぞれにとってのベストを模索していくのが良いと思います。委任先を変えるのは0.2₳しかかかりませんので、最終的に良い選び方ができればいいのかとは思います。



HUNNYプールは手数料0%であり、ブロック生成実績もすでに100個以上あります。現在の委任量は3.5M₳なので、毎エポック1ブロック以上生成できる確率が95%と言われている3M₳以上です。 ぜひ委任のほうをご検討ください。

ADA・ステーキングのやり方を解説|ウォレット作成方法の手順も(ダイダロス・YOROI)


\手数料0%!/



この記事は楽しんでいただけましたか?


↓下のシェアボタンから、Twitterやブログ等でこの記事をシェアしていただけると嬉しいです。

もしよろしければ、HUNNYプールへの委任をよろしくお願いします!