• HUNNY

新資産運用方法!なぜADAでステーキングすべきかを解説・APR(利率)・将来性・リスク、全部解説します!

エイダコインとは?BITPointで日本初上場したADAのステーキングAPR(利率)は?リスクはあるの?やり方は?それらを全部まとめて解説します!



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


目次

はじめに なぜカルダノでステーキングすべきなのか

1. カルダノに長期的投資の観点からの将来性がある

※カルダノのステーキングとは

2. カルダノのステーキングは他人に預けないからハッキングや持ち逃げなどのリスクがない 3. ステーキングのAPRが将来も一定に保たれそうな構造

BITPointで購入する

ステーキングのやり方



はじめに


なにに投資しようか悩んでいますか?様々な魅力的な投資対象がありますよね。個別株、ETF、金、仮想通貨…etc 仮想通貨にもたくさんあって、ビットコインがいいのか、イーサリアムがいいのか、草コインがいいのか。いろんな選択肢があります。どれを選んでも結果を出している人は当然います。リスクとリターン、始める時期など考慮していくのが必要不可欠になるでしょう。


じゃあ、なぜカルダノ(ADA)でステーキングするのは魅力的なのか、その理由を3つ解説したいと思います。(※投資は自己責任でおねがいします)


引用:https://stakepool-germany.de/en/where-do-ada-staking-rewards-come-from/


1. カルダノ・プロジェクトに長期投資的な観点からの将来性がある


カルダノとは?


カルダノとはプロジェクトの総称で、その中で使われる通貨がADA(エイダコイン)です。



カルダノは、アフリカを中心とした銀行口座を持たない30億人に金融手段を提供するために、次世代の金融インフラをブロックチェーン技術によってつくろうとしています。


お金のやり取りというのは、ミスが絶対にあってはいけない領域です。カルダノは、世界で使われる金融インフラの構築を目指しているので、飛行機や防衛分野で一般的に使用されていて、厳密な検証や解析ができる信頼性が高いHaskell言語を使用しています。


また、カルダノは査読済みの100以上の論文をもとに、実装しています。他のプロジェクトが実装から始めることとは対照的です。


エネルギー効率を高めながらビットコインと同等レベルのセキュリティを実現することが、学術的に安全性が証明された初のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)・ウロボロスプロトコルを用いています。この圧倒的な安全性に対する意識の高さこそカルダノの他通貨とは違う点です。



第三世代暗号通貨


引用:https://medium.com/hackernoon/why-third-generation-cryptocurrencies-are-game-changers-for-venezuela-cb8c9b016f9d


第一世代暗号通貨・ビットコインはデジタル・ゴールド、第二世代暗号通貨・イーサリアムはスマートコントラクトでたくさんのdAppsやDeFiが使えるようになりましたが、どちらもスケーラビリティの点で多くの需要を想定していませんでした。


カルダノは第三世代暗号通貨として、この問題を解決する可能性を秘めています。


主にカルダノが掲げる3つの指標は、スケーラビリティ、相互運用性、サステナビリティ(持続可能性)です。


スケーラビリティとは「トランザクション処理の速さと量」、相互運用性とは「言語の異なる別のブロックチェーン同士のやりとりが可能」、サステナビリティ(持続可能性)とは「現実的なコストで運用できる」という意味です。



スケーラビリティ


引用:nice.com


世界の多くの需要に対応するには、ビットコイン、イーサリアムは、ほとんど実用に耐えないレベルのトランザクション処理速度です。


Hydra


引用:cardanians.io


スケーラビリティを実現するレイヤー2ソリューション「Hydra」は、神話上の生物にちなんで名付けられています。これは、ネットワークに新しいノードが追加されるたびにスループットが向上するという考え方です。

分散稼働するプールが増えれば増えるほど、カルダノ本体の処理能力が上がるのです。


このように、カルダノにはトランザクション速度を世界の需要にも対応できるようなレベルで達成できる計画があります。



相互運用性


引用:https://www.omnisci.com/technical-glossary/interoperability


IELE


カルダノは、開発者にとって、いかに開発しやすいかという点で非常に間口が広い設計にしてあります。

というのも、イーサリアムのスマートコントラクトでは、Solidityという特定の言語ですが、カルダノでは、スマートコントラクト言語Plutusだけでなく、IELEという仮想マシンプロジェクトにより、C言語、Java、JavaScriptなどの一般的なプログラミング言語によるスマートコントラクト開発を可能とします。


プログラマーの人口は一般的なプログラミング言語を使用している人のほうが圧倒的に多いです。Solidity開発者が数万人程度であるのに対して、一般的なプログラミング言語の開発者は数千万人います。

このはるかに多いプログラマーたちにカルダノに来てもらえるようにすることを、カルダノは意識しています。



サステナビリティ(持続可能性)


引用:https://viewpointpatriot.org/1638/features/home-grown-sustainability/


ガス代


イーサリアムのガス代が高すぎてよく話題になっています。数千円~1万円のガス代を出し入れするだけで何度かとられるということが当たり前のようになっています。これでは、持続可能性があるとは言えません。お金持ちは気にしないかもしれませんが、一般ユーザーはイーサリアムしかないから、渋々使っているというのが現状ではないでしょうか。


ガス代に関してもカルダノは、イーサリアムよりも安いです。



エネルギー使用量


また、ビットコインとイーサリアムのエネルギー使用量はとても持続可能性があるものとは言えません。



自給自足型システム













そして蛇が自分の尻尾を咥えた絵がウロボロスの象徴として使われていますが、システムそのものが自律的、永続的になることを、カルダノは最終的な目標として置いています。


そのために、カタリスト制度(開発など提案して投票が集まると資金が得られる仕組み)とカタリストのためのトレジャリー(資金)がトランザクション費用から一部割当られるなど、永続的に機能するように最初からシステムが構想されています。



カルダノの運営



引用:iohk.io


カルダノの運営は、主にカルダノで用いられる技術の規格・保護・発展などを目的として活動を行っているCardano Foundation(カルダノ財団)、

カルダノプラットフォームで用いられる技術の開発をするIOHK(インプットアウトプット香港)、

カルダノブロックチェーンを用いてビジネスを行う企業へ投資などのサポートをするEmurgo(エマーゴ)の3つの組織によって行われています。


IOHK代表であるチャールズ・ホスキンソン氏はイーサリアムなどの仮想通貨の開発に携わった天才数学者の一人として知られています。



カルダノの将来性



ADA(エイダコイン/カルダノ)は、時価総額ランキングが3~5位(2021年8月現在)とアルトコインの中でも人気のある通貨です。




現在ロードマップのなかの3番目ゴーゲンの開発期です。まだまだ開発段階です。これから開発が進むにつれてもっと実需による人気も出てくる可能性があります。スマートコントラクトは2021年9月に実装ですから、まだまだ始まったばかりです。



カルダノ・ロードマップ



カルダノ・ロードマップはカルダノ開発の概要を示すものです。


Byron(バイロン)→Shelley(シェリー)→Goguen(ゴーグエン)→Basho(バショウ)→Voltaire(ボルテール)の5期に分かれています。


それぞれを簡単に見ていきます。詳しく知りたい方はこちらのホームページをチェックしてみてください。

Cardanoロードマップ












BYRON 基礎

基礎づくり。何千にも及ぶGitHubコミット、何百時間もの研究を経て、2年後の2017年にようやくCardanoの最初のビジョンが形となり、Byron期が始まりました。












SHELLEY 分散化

ノードを分散化させて運営するようになる。Shelley期にはより多くのノードがカルダノ・コミュニティによって実行される方向にシフトしていきます。ノードの過半数がネットワーク参加者により実行されるようになれば、カルダノは分散性を高め、結果として安全性と堅牢性が高まります。

カルダノは他の大規模なブロックチェーンに比べて50~100倍分散化され、1000程度のステークプールで平衡に達するようにデザインされたインセンティブスキームを有すると期待されています。現在の主だったブロックチェーンネットワークは10に満たないマイニングプールにコントロールされていることが多く、悪意のある行動により侵害される深刻なリスクにさらされています。