• HUNNY

IOG製ライトウォレット - すべての人にアクセスを提供するための道 プロジェクト・ワン【翻訳文字起こし全文】



IOG製のライトウォレット「プロジェクト・ワン(仮名)」についてのプレゼンテーションです


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「ライトウォレット - すべての人にアクセスを提供するための道」(2021/10/9)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


要点


・IOGがつくるライトウォレットのことを「プロジェクト・ワン」と現状名付けられています

・ウォレットから エコシステム内のdAppsに接続することができるようになります


・カルダノのネイティブアセットだけでなく Bitcoin・Ethereum・Litecoinなどのアセットも保存できます 


プロジェクト・ワンは マルチトークンウォレットになります 


・シンプルなギャラリービューでウォレットのすべてのNFTを見ることができます


・取引履歴をCSV形式でダウンロードする機能を追加しました 


・ステークプールの紹介にカテゴリ分けや特集をつくりました。マルチ委任もすることができます


・Atala PRISMを利用することで ワンクリックで本人確認ができるようになり KYCを必要とするdAppsとやり取りする際に 長い時間を要するプロセスをスキップできるようになります



本文


Alex Apeldoorn:ロンドンからご挨拶申し上げます 


すでに発表されたもの そしてこれから発表されるものに 皆さんは胸を躍らせていることでしょう 


私たち自身もエキサイティングなニュースをお伝えしたいのですが この講演のタイトルを見れば おそらく多くのことがお分かりいただけると思います 


その前に ウォレットについて少しお話したいと思います 


ブロックチェーンに関連するすべてのお金や通貨を公開アドレスで見ると そのお金を使いたい場合 これらのアドレスには対応する秘密鍵やパスワードがあることが分かります 


お金を使うことと 秘密鍵を安全に保管することは ウォレットの中で行われます 


つまり 2兆2000億ドル相当の暗号通貨が 現在何らかの形でウォレットに保管されていることが想像できます 


こうしてみると ウォレットは単に金銭の送受信や残高の閲覧を目的としたものであるという典型的な思い込みは 無用の長物であることがわかります 


暗号通貨の初期には 自分のウォレットに関連する残高を実際に見るためには ブロックチェーンの完全なコピーを持っている必要があったのです 


しかし サトシは後にライトウォレットと呼ばれる新しいタイプのウォレットを構想していました 


ライトウォレットの目標は インフラに関係なく 誰もが自由にアクセスできるようにすることです 


ウォレットを軽くした結果 ブロックチェーン技術や 携帯電話が採用され UIやUXがより良く 誰でも簡単にできるようになったのは ほぼ必然的な流れだったと言えるでしょう 


ブロックチェーン導入の伸びを見ると ウォレットの多様性が非常に高まっていることを観察しないわけにはいきません