• HUNNY

Mithrilとは - より強く、より軽いブロックチェーンを繋ぐ【翻訳文字起こし全文】


Mithrilはステークベースの閾値マルチ署名スキームを提示する研究論文です


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「Mithrilとは - より強く、より軽いブロックチェーンを繋ぐ」(2021/10/14)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


要点


・Mithrilが解決する最初の問題は 複数の署名を効率的に集約することです


Mithrilは 特定のメッセージを検証するために所定の数の参加者が必要とされる標準的な閾値設定とは異なる ステークベースの閾値設定で動作します 


ステークベースの閾値設定において 正しい署名を生成するためには メッセージの検証に 総ステークの何分の一かを要求します 


プルーフ・オブ・ステークメカニズムにすでに存在する前提条件以外は 一切追加することなく この合意形成の証明を実現しています 


・この署名方式を採用することで さまざまなステークホルダーにチェーン履歴の転送のチェックポイントを検証してもらうことができます 


新しいクライアントや長期間オフラインになっていたクライアントが 取引履歴全体を調べて最終状態を検証するのではなく 最終ステップが有効であることを納得してもらうために これらのチェックポイントを経由するだけですむのです 


・Mithrilはステークベースの閾値マルチ署名スキームを提示する研究論文です


ステークを活用し 少人数のステークホルダーにそのメッセージに署名してもらうのです 


それは各ユーザーに署名を試みさせて 個々のユーザーが自分の署名が抽選の当選対象かどうかを確認できるようになり その署名を出力することができます 


そして 異なるくじのK個の署名が揃ったら それらを集約して1つのMithrilの署名とすることができるのです 


・計算などの時間や必要なリソースが大幅に改善され 高速な同期が可能となり 高いセキュリティ保証が得られるため より制約の多いデバイスへの適用が可能となりました


・ゼロ知識証明に基づく自己主権型IDプロトコルを構築しており組織が 顧客の個人情報を取得・保存することなく 顧客のIDを洗練することを可能にしています 


例えば ある年齢以上であることを証明するために 書類を見せずに生年月日を共有したり 特定のアプリケーションのために対象国に居住していることを証明したりすることができます



本文


Inigo Querejeta Azurmendi:皆さんこんにちは IOGの暗号エンジニア Inigo Querejeta Azurmendiです 今日はセッションと参加するスピーカーの紹介をしたいと思います 


この講演では 研究とエンジニアリングの両方を行っているMithrilについて紹介します 


Mithrilはステークベースの閾値マルチ署名スキームを提示する研究論文ですが IOG内でプロトコルを実装し Cardanoブロックチェーンの実世界の問題を解決するための取り組みを指してMithrilと呼んでいるのです 


そこで私は Mithrilが解決する問題の概要を説明し その後 他の講演者にその詳細な説明を譲りたいと思います 


Mithrilが解決する最初の問題は 複数の署名を効率的に集約することです Mithrilは 署名者が有効な署名を作成するために他の署名者とやりとりする必要がない公開鍵の設定で動作します そして 有効な署名をすべて受け取りそれを一つの有効な署名に集約する集約者の役割を担います