• HUNNY

【翻訳文字起こし全文】マインドフルネスとレジリエンス


以下の文章は、チャールズ・ホスキンソンのYouTube動画「マインドフルネスとレジリエンス」(2021/5/24)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



内容をチャールズ・ホスキンソンのおすすめのマインドフルネスとレジリエンスにまとめたものはこちら

チャールズ・ホスキンソンおすすめのマインドフルネスとレジリエンス



こんにちは チャールズ・ホスキンソンです 暖かい日差しが降り注ぐコロラド州から日曜のデジタルデトックスの合間を縫って 皆さんにお届けします 


私は農場を歩き回っていたのですが 市場が非常に好調であるというニュースが通常の手段で私に届きました 


多くの人がこのことに怒っています 


そこで私は 最近の私のお気に入りのトピックである マインドフルネスとレジリエンスについて 少し話をすることにしました 


会社を経営するのは本当に大変なことですよね 


起業家であれば フォーチュン500企業のCEOであろうと マクドナルドのフランチャイズ店を経営していようと関係ありません 


そこにはすべてのスペクトルがあります 


難しいですね 


人事の問題 従業員の問題 規制 法律 税金 顧客 それらすべての問題を抱えています 


そして 本当に難しいのは 集団的なイベントが発生したときです 暗号市場が暗号市場であることを確認することです 


今 アメリカ側のマクロ的な状況は 規制が来るということです 


中国では規制が行われていますが どちらも市場の風船に針を刺したようなものです 


そして今 状況はそれほどホットではないようです 


残念なことに 現実離れした期待を持ち 暗号市場に過剰な資金を投入してしまった多くの人々が 今 大きな打撃を受けています 


そして 空が落ちてきているように見えます 


どんなに人々に警告しても どんなにこのような話をしても どんなに「心を配り 敬意を払ってください」と言っても 


上がるものは下がるもの 人々は耳を傾けません 


これからもそうでしょう 


お金持ちになった途端 すべての問題が解決すると思っているからです 私は実際 貧乏だった時の方がリラックスできて幸せでした 


私の人生の中で 金持ちに生まれたり 恵まれた環境にいたことは一度もありません 私の父は医者ですが 医者の中では下の方で 内科医でした 


そしてね 医療を専門にしていない人は 他の人と同じようにはいかない 


また インプットアウトプットを始めた頃は 月に数千ドルの生活で とても貧乏でした 


そして 多くの面倒を見なければならない義務があり どうにかしてやっていくしかありませんでした 


あの頃はもっとシンプルで もっと幸せで お金も問題も資産もあったんだ 


とにかく 皆さんにいくつかのリンクをご紹介します 


そしてそれらは私が混乱状態にどう対処すればいいのか 猛攻撃や宣伝 悪評にどう対処すればいいのかを教えてくれました 


そして 人の言葉や考えを気にしないこと 


そして エゴを捨てることです 


これは長い旅です 


私は暗号通貨の分野で約10年やってきました 


そして これからもずっとそうだと思います 


ですから 私は決意を持って続けなければなりません 


では 早速 私の画面を共有しましょう 


よし 


さて これが私の画面です 


ここをクリックすると 最初にお勧めの本が出てきます 私は去年読んだのですが Ron Siegelの本です 


Ronは面白い人です 


実は彼はハーバード大学の出身です 


彼は科学者です 


ハーバード・メディカル・スクールの精神科医でもあります 


彼はマインドフルネスやあらゆる種類のものを研究しています 


彼は 瞑想が実際に何をしているのか それが脳にどのように作用するのかについて 非常に医学的な視点を持っています 


基本的には 生理学的な観点から見て 瞑想が何をもたらすのかを説明しています この出版物の良いところは エクササイズなどの資料が揃っていることです 


Great Coursesの24の講義シリーズもあり 毎日練習するために必要な知識をすべて教えてくれます 


そして もっと哲学的な側面もあります Jon Kabat Zinnはこの種のものの名付け親のようなものです


彼は『Mindfulness for beginners』という素晴らしい本を書いています 


この本では 実践者の視点からマインドフルネスにアプローチしています 


彼は おそらく最高の人物の一人です 


もしあなたが私のようにいつも外出していて 何か思い出させてくれるものが必要なら おそらく瞑想のために作られた世界で最高のアプリケーションはcalm appだと思います 


Jeff Warrenの「30日間瞑想入門」という素晴らしい本もあります 


Jeffは本当に落ち着いた いい声をしています 


エクササイズは10分から15分程度のものです 


ジェフの素晴らしいところは 彼が学術的なバックグラウンドを持っていないこと 仏教的なバックグラウンドを持っていないことです 


彼はただ 10代から20代にかけて 頭蓋骨を割ったり トラブルに巻き込まれたりしていた男なんです 


彼は瞑想を使って自分自身を助け すべての問題を解決し それについてかなり良い感じです 


それに加えて ある偉大な人がいて もしあなたがレベルアップしたいなら 少なくとも本を買ったり アプリを無料で購読したりすることができます 


Cody Rawlsは精神科医で ブレインインターフェイス ブレインコンピュータインターフェイスを専門としています 彼はNeoRhythmからMuseまで さまざまなデバイスのビデオをたくさん持っていて いろいろ試しています 


特にMuseは 現在の市場のリーダー的存在です 


私はMuseの人たちに会ったことがありますが 彼らは実際に「IOHK summit 2019」に来てくれました 


彼らは本当にクールなことをやっています 


基本的に この製品は 自分が実際に瞑想していることをどうやって知ることができるか という瞑想の問題を解決します 自分が瞑想状態にあることをどうやって知ることができるのでしょうか?離脱を始めてあまり注意を払わなくなると 空想を始めたり 心がさまよったりします 


これは 物事を深く考えず 自分の考えを真剣に受け止めないようにするための 無心の境地にいられるようにするための装置です 


瞑想の目的の1つは 人通りの少ない道で 芝生の椅子に座ってビールを飲んでいるところを想像することだとよく言われます 


時々 車が通るのが見えますが 車が来たことは認めますが あまり気にしないようにします 


そして それはあなたがやりたいことのようなものです 


そして その車やあなたの考えは 決して捨て去ることはできません 


この技術は これが第1世代で 第2世代はこのようなものです 


カーネルという素晴らしい会社があります 


彼らが開発したのは非常に優れたヘッドセットで 消費者には高すぎると思いますが すべてのセンサーを含めると約10万ドルになります 


しかし 基本的には美しい脳のスキャンが可能です 


その脳スキャンによって 頭の中で何が起こっているのか すべての血流などを実際に理解することができます 大量のサンプルを手に入れることができ 主に研究に使用されていますが 5~10年以内にコストは100分の1になるでしょう 


それで このようなデバイスが1,000ドル程度になるのです 


そうなれば 誰かがマインドフルネスな状態にあるかどうか デフォルトモードやネットワークなどがどうなっているのかを かなり正確に読み取ることができるようになります 


今後の展開が非常に楽しみですね 


以上が 瞑想についての説明です 





なぜ瞑想をするのか その価値とは?瞑想をしたからといって 超人になれるわけでも 超高速で学習できるわけでもありません 


何か特別な力がつくわけでもありません 


むしろ 根本的に変えるのは3つのことだと思います 


1つ目は 出来事とその出来事に対する反応です 


その出来事が何であれ 浮気をされたとか 仕事をクビになったとか がんと診断されたとか 非常に深刻な出来事から 交通違反切符を切られたとか 道路で誰かに中指を立てられたとか そんな軽い出来事まで あなたの反応は 多くの人が抱える問題は 負荷がかかりすぎることです 


ストレスや様々なことが起きていると 物事に過剰に反応したり 過度に感情的になったりする傾向があります 


瞑想をすると 入力されたものにすぐに反応しないようにコントロールする弁ができます 


むしろ 落ち着き 冷静になり 何かに腹を立てず 感情を経験しても その感情と結びつかないような時間を与えてくれるのです 


ですから 怒りや失望 悲しみを経験するかもしれません 


しかし それは消えていきます ちょうど あなたが座ってビールを飲んでいるときに道路を車が通り過ぎるように その思考 感情 反応は消えていくのです 


これが1つのポイントです 


もう1つは 人生に対してもっと我慢できるようになるということです 


面白いことに 私は240から120まで下がったのに 今年はまだ500%も上昇しているのに 人々はこの世の終わりのようなふりをして走り回っています 


最終的には なぜ価格が指標になるのか?本当の評価基準は ソーシャル・メンションであり ウォレットの量であり 商業化が進んでいることであり スマートコントラクトの端緒についたことなのです 


何年もかけて苦労してきたのに こんなに早く進歩したことを喜ぶべきだと思います 


市場での4年間のハードワーク 


6年間の研究開発とエンジニアリングの努力が実を結び 美しいプラットフォームが完成しつつあります 


しかし もっと長い時間軸を持ち 日々の混沌とした狂気から自分を切り離さなければなりません 


そして 未来に目を向けて 今日することを言い始めなければなりません 


今日行った投資は 明日 来週 来月 5年後 10年後の自分のためになる 


しかし 暗号化市場やソーシャルメディアは そのような能力を破壊してしまいました 


私の世代の娯楽であるYouTubeを見ると 次の世代の娯楽であるTik Tokがあります 


Tik Tokでは 平均的な人の滞在時間は約52分だと思いますが 300本以上のビデオを見ます 個性的でユニークなビデオですが YouTubeでは約47分で その間に6~7本のビデオを見ます 


それが私たちの注意のスパンなんですね 


さて これが私たちの物事に対する考え方です 


瞬間的な刺激があり どんなに素晴らしいものであっても 「次の大きなものは何だ?ここからどこに行くの?」瞑想のポイントは そのような状況を打破して あなたに大きな心の余裕を与え 物事に対してもっと忍耐強くなれるようにすることです 


そして最後に 瞑想を特定の方向に導くことができる という概念があります 


本を載せるのを忘れていました 


しかし Matthieu Ricardという素晴らしい紳士がいます 彼はよく「世界一幸せな男」と呼ばれていますが もしあなたが何年も何十年も長期間にわたって瞑想するならば 神経可塑性のために脳の灰白質や脳の神経接続が変化します 


そして 共感や愛など ある種の瞑想に従うと 幸せを感じるようになるのです 


そして みんなへの共感や愛を感じるようになるのです 


それはヒッピー的なものではありません 


ただ 人々が動揺している理由を理解し それに反応したり 個人的に受け止めたりせずに 彼らが動揺する余地を与えるのです 私は あらゆる種類の批判の場で 膨大な量の批判を受けます 私の力の及ばないことや 私の力でコントロールできること 10年前に起きたことや今日起きたことなどです 


私はよく なぜ私がこのようなことで批判されるのかと尋ねますが それは商業的な圧力の場合もあれば 無知の場合もあります