• HUNNY

チャールズ・ホスキンソンおすすめのマインドフルネスとレジリエンス




チャールズ・ホスキンソンがYouTube動画のなかでマインドフルネスの重要性とおすすめの人や本を紹介していたので、ここで紹介します。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



ここでは主に、チャールズ・ホスキンソンのYouTube動画「Mindfulness and Resilience」の内容から引用しています。2021/05/24投稿


翻訳文字起こし全文はこちら

【翻訳文字起こし全文】マインドフルネスとレジリエンス



この動画は、2021/5/24に投稿されたものですが、ちょうどこの頃は、それまで上がっていた価格が暴落した時期です。慌てふためく市場参加者に、語りかけているという背景があります。

残念なことに 現実離れした期待を持ち 暗号市場に過剰な資金を投入してしまった多くの人々が 今 大きな打撃を受けています。



チャールズ・ホスキンソンは天才数学者である一方、カルダノでたくさんの人をまとめるリーダーでもあります。多くの批判の的となることもあるので、彼は自身の精神状態をどのように保つのかについてかなり関心があったようです。


そしてそれらは私が混乱状態にどう対処すればいいのか 猛攻撃や宣伝 悪評にどう対処すればいいのかを教えてくれました。そして 人の言葉や考えを気にしないこと。そして エゴを捨てることです。これは長い旅です。

チャールズ・ホスキンソンのおすすめマインドフルネスとレジリエンス



1. Ron Siegel


引用元:https://drronsiegel.com/about/


ハーバード・メディカル・スクールの心理学助教授(パートタイム)で、35年以上教えています。また、マインドフルネス瞑想を長年研究しており、Institute for Meditation and Psychotherapy(瞑想と心理療法研究所)の理事と教授、ケンブリッジ・ヘルス・アライアンスとマサチューセッツ大学メディカルスクールのCenter for Mindfulness and Compassion(マインドフルネスと思いやりのセンター)の教授を務めています。心身医学や、心理療法やその他の分野におけるマインドフルネスと思いやりの実践の応用について、国際的に教えています。

低所得層の子どもとその家族への支援、慢性疼痛やストレス関連疾患を抱える成人の治療、マインドフルネス志向の心理療法などを行ってきました。現在は、マサチューセッツ州リンカーンで限定的な個人臨床を行っています。

引用元:https://drronsiegel.com/about/



ここをクリックすると 最初にお勧めの本が出てきます 私は去年読んだのですが Ron Siegelの本です。Ronは面白い人です。実は彼はハーバード大学の出身です。彼は科学者です。ハーバード・メディカル・スクールの精神科医でもありま。彼はマインドフルネスやあらゆる種類のものを研究しています。彼は 瞑想が実際に何をしているのか それが脳にどのように作用するのかについて 非常に医学的な視点を持っています。基本的には 生理学的な観点から見て 瞑想が何をもたらすのかを説明しています。この出版物の良いところは エクササイズなどの資料が揃っていることです。Great Coursesの24の講義シリーズもあり 毎日練習するために必要な知識をすべて教えてくれます。

2. Jon Kabat Zinn



引用元:https://www.mindfulnesscds.com/pages/about-the-author


ジョン・カバット・ジン博士は、科学者、作家、瞑想指導者として、マインドフルネスを医療や社会の主流にすることに取り組んできたことで国際的に知られています。マサチューセッツ大学医学部の名誉教授であり、世界的に有名な「マインドフルネス・ベース・ストレス・リダクション・クリニック」(1979年)と「医療・健康・社会におけるマインドフルネスセンター」(1995年)を設立しました。 2000年に医療センターの役職を退いた。以来、サキ・サントレッリ博士の指導のもと、マインドフルネス・センターは目覚ましい成長を遂げ、そのプログラムはアメリカ国内のみならず国際的にも影響力を持つようになりました。

引用元:https://www.mindfulnesscds.com/pages/about-the-author



そして もっと哲学的な側面もあります Jon Kabat Zinnはこの種のものの名付け親のようなものです。彼は『Mindfulness for beginners』という素晴らしい本を書いています。この本では 実践者の視点からマインドフルネスにアプローチしています。彼は おそらく最高の人物の一人です。

3. Jeff Warren



引用元:https://jeffwarren.org/about/


私は、人々がより正気な生活を送れるようにするために、様々な人々に瞑想とその実践を紹介しています。

米国陸軍士官候補生、カナダ王立騎馬警察、アリゾナ州警察、グーグルの幹部、気が散りやすい10代の若者、疑り深いジャーナリスト、燃え尽きた介護者、かつて投獄された若者など、考えられる限りのあらゆる層の自由主義者に瞑想を教えてきました。

私はこれを、厳密で明快で冒険的な方法で行おうとしています。

YouTubeのライブ配信「Do Nothing Project」で、毎週、私の話を聞くことができます。

引用元:https://jeffwarren.org/about/



Jeff Warrenの「30日間瞑想入門」という素晴らしい本もあります。Jeffは本当に落ち着いた いい声をしています。エクササイズは10分から15分程度のものです。ジェフの素晴らしいところは 彼が学術的なバックグラウンドを持っていないこと 仏教的なバックグラウンドを持っていないことです。彼はただ 10代から20代にかけて 頭蓋骨を割ったり トラブルに巻き込まれたりしていた男なんです。彼は瞑想を使って自分自身を助け すべての問題を解決し それについてかなり良い感じです 


他に、Matthieu Ricard、Sheldon Solomon、Ernest Becker、Victor Franklをマインドフルネスとレジリエンスのテーマのなかで紹介していました。



瞑想している状態をどうやって知ることができるのかという問題を解決している最新のテクノロジー製品を紹介しています。


Muse



引用元:https://choosemuse.com/


脳波を利用した睡眠

トラッキング&メディテーション

Museは、脳を感知するヘッドバンドで、日中は集中力を高め、夜間は回復を促します。

日中に集中力を高め、夜間に回復させることができます。

ホームページ:https://choosemuse.com/


特にMuseは 現在の市場のリーダー的存在です。私はMuseの人たちに会ったことがありますが 彼らは実際に「IOHK summit 2019」に来てくれました。彼らは本当にクールなことをやっています。
基本的に この製品は 自分が実際に瞑想していることをどうやって知ることができるか という瞑想の問題を解決します 自分が瞑想状態にあることをどうやって知ることができるのでしょうか?離脱を始めてあまり注意を払わなくなると 空想を始めたり 心がさまよったりします。
これは 物事を深く考えず 自分の考えを真剣に受け止めないようにするための 無心の境地にいられるようにするための装置です。


Kernel



引用元:https://www.kernel.com/flow


ニューロサイエンスの新時代。先進的な企業はカーネルのテクノロジーを活用して新たな領域を開拓し、あらゆる場所で神経科学の新たなフロンティアへと私たちをナビゲートします。

ホームページ:https://www.kernel.com/


Kernelという素晴らしい会社があります。彼らが開発したのは非常に優れたヘッドセットで 消費者には高すぎると思いますが すべてのセンサーを含めると約10万ドルになります。しかし 基本的には美しい脳のスキャンが可能です。その脳スキャンによって 頭の中で何が起こっているのか すべての血流などを実際に理解することができます 大量のサンプルを手に入れることができ 主に研究に使用されていますが 5~10年以内にコストは100分の1になるでしょう。それで このようなデバイスが1,000ドル程度になるのです。

チャールズ・ホスキンソンが使用している瞑想アプリ


Calm


ホームページ: https://www.calm.com/


もしあなたが私のようにいつも外出していて 何か思い出させてくれるものが必要なら おそらく瞑想のために作られた世界で最高のアプリケーションはcalm appだと思います。でもよく聞かれるのは どうやってそのサイクルや批判を乗り越えるのか ということです。私の場合は 携帯電話にcalmというアプリを入れています。そして 時間があるときには すぐに瞑想をします。そうすると 本当に助かるんです。

そもそもなぜ瞑想をするのでしょうか?瞑想の価値とはなんでしょうか?


チャールズ・ホスキンソンは以下のように答えています。


なぜ瞑想をするのか その価値とは?瞑想をしたからといって 超人になれるわけでも 超高速で学習できるわけでもありません。何か特別な力がつくわけでもありません。むしろ 根本的に変えるのは3つのことだと思います。1つ目は 出来事とその出来事に対する反応です。
その出来事が何であれ 浮気をされたとか 仕事をクビになったとか がんと診断されたとか 非常に深刻な出来事から 交通違反切符を切られたとか 道路で誰かに中指を立てられたとか そんな軽い出来事まで あなたの反応は 多くの人が抱える問題は 負荷がかかりすぎることです。
ストレスや様々なことが起きていると 物事に過剰に反応したり 過度に感情的になったりする傾向があります。瞑想をすると 入力されたものにすぐに反応しないようにコントロールする弁ができます。
むしろ 落ち着き 冷静になり 何かに腹を立てず 感情を経験しても その感情と結びつかないような時間を与えてくれるのです。
ですから 怒りや失望 悲しみを経験するかもしれません。 
しかし それは消えていきます ちょうど あなたが座ってビールを飲んでいるときに道路を車が通り過ぎるように その思考 感情 反応は消えていくのです。これが1つのポイントです。
もう1つは 人生に対してもっと我慢できるようになるということです。
瞬間的な刺激があり どんなに素晴らしいものであっても 「次の大きなものは何だ?ここからどこに行くの?」瞑想のポイントは そのような状況を打破して あなたに大きな心の余裕を与え 物事に対してもっと忍耐強くなれるようにすることです。
瞑想の目的の1つは 人通りの少ない道で 芝生の椅子に座ってビールを飲んでいるところを想像することだとよく言われます。
時々 車が通るのが見えますが 車が来たことは認めますが あまり気にしないようにします。
汗をかかないようにしましょう。
上がる日もあれば 下がる日もある。
地平線には本当に良い日が待っている。
私たちは大丈夫よ。


この記事は楽しんでいただけましたか?


↓下のシェアボタンから、Twitterやブログ等でこの記事をシェアしていただけると嬉しいです。

もしよろしければ、HUNNYプールへの委任をよろしくお願いします!