• HUNNY

チャールズ・ホスキンソンによるカルダノサミット2021のクロージング基調講演【翻訳文字起こし全文】


カルダノサミット2021でのチャールズ・ホスキンソンによるクロージング基調講演です。


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「チャールズ・ホスキンソンによるカルダノサミット2021のクロージング基調講演」(2021/10/2)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



要点


・エチオピアのことを聞いたことがあると思いますが 他にも何十カ国もの国から連絡があり 水の管理をどうすればいいのか?どうやって不動産登記を管理するか?投票について 次世代の株式市場などについて話しています 


コモディティを扱う次の方法 それは 一度押し通せば 数千万から数千億の規模になる採用です 


・私たちは この素晴らしい技術を現実のものにするために必要な経験を持ったパートナーがいるだろうか と考えました そして それを消費者に受け入れられるようにし 決済システムに組み込み スターバックスでも受け入れられるようにする これらすべてを実現するには?実は そんなパートナーがいたのです 


・将来的には通貨はデジタルになります 


それを否定する人はいませんし ステーブルコインはその主要な部分を占めることになるでしょう 


そしてDjedは 最も洗練されたアルゴリズムベースのステーブルコインの一つです 


また Djedは 単なる決済やDeFiのためのステーブルコインではなく プロトコルレベルでの予測や もちろんコストの予測にも重要な役割を果たします 


COTIはその発行者です


・私たちがDjedを設計したとき これこそが中央銀行のデジタル通貨の議論を始めるための基盤であることに気づきました



本文


MC:カルダノサミット2021の最後を飾るのは チャールズ・ホスキンソンです 


Charles Hoskinson:25分ほどで終わります 


みなさん こんにちは 


皆さん 良いサミットになりましたか?今回のサミットでは ユーティリティ ガバナンス インパクト アドプションの4つのトラックで多くのことを話しました 


そして それぞれのトラックで 80以上のプレゼンテーションをご覧いただきました この他にもたくさんのコンテンツが用意されており どれだけカットしなければならなかったか 信じられないほどです それは 「Cardano 2021」のディレクターズカットのようなものです 


約束しますよ ホビットのように どんどん追加していきます 


まだまだ何百もあります 


そのすべてにおいて 世界中から集まった年配者から若者たちが 何か面白いことをやろうというビジョンで結ばれているのを目の当たりにしました 


アドプショントラックでは 数百人 数千人 数万人の規模から Yoroi Daedalus Reddit Telegramなど すべてのCardanoユーザーが 100カ国以上で100万人を超える規模になるまでの道のりを紹介しました 


信じられないような話だと思いました 


アドプションについても話をしました 


ビジネスレベルでは Boostで800万人のユーザーを獲得したFortune 250企業のDishのような素晴らしいパートナーがいました 


彼らがネットワークにもたらすものは 多くの機会と多くの課題 そして構築しなければならない独自の技術です 


そして 私たちが共に学びながら成長し ISPの世界の多くの人々に大小問わずCardanoファミリーへの参加を促すことができるパートナーがいます 


来月訪問する予定のザンジバルのWorld Mobileでは 接続されていない人々を接続し ISPとしての全く新しいモデルを模索する方法について話していましたね 


一枚岩のトップダウン企業ではなく フランチャイズ化して 隣の家の人が地域全体にインターネットを提供できるようにしてはどうでしょうか 


小さなビジネスオーナーとして 


政府レベルでは 他にも多くの導入事例がありました 


皆さんはエチオピアのことを聞いたことがあると思いますが 他にも何十カ国もの国から連絡があり 水の管理をどうすればいいのか?どうやって不動産登記を管理するか?投票について 次世代の株式市場などについて話しています 


コモディティを扱う次の方法 それは 一度押し通せば 数千万から数千億の規模になる採用です 


神様 もう少し時間があればいいのですが......だって それを扱うのも それを搭載するのも 楽しいことになるでしょうから 


しかし それはやってきます 


驚くべきことに それは一握りの団体からだけではありません 


多くの皆さんが 自分の政府や大小問わずコミュニティをCardanoファミリーに取り込もうとしています 


市長 州議会 知事とは本当に仲良しなんです 


私はこの場所から来ました 


あそこの出身でもあります 


ある男がここに来ました 


彼は「Charles 君をトンガに連れて行くには何が必要ですか?」と言い 私はトンガに行きたいと言いました 


あそこの食べ物が大好きなんです 


私のお腹もそうです 


そして たくさんの素晴らしいプレゼンテーションが行われ たくさんの素晴らしい人たちが集まってくれました 


カタリストのファンド6の候補者たちも全員見ました 


皆さんは動画をご覧になりましたか?何人かはその中に入っていますよね 


そしてこれは 私が会ったことも交流したこともない多くのコミュニティの人々が 自分が何者なのか 何を達成したいのか どこへ行きたいのか そして皆さん カルダノコミュニティのために何をしたいのか ということを語る機会となりました そして 誰が誰の勝ち負けを決めるのかというと あなたたちカルダノコミュニティです そして すべてのラウンドがただ成長していくだけなのです 今現在 154件の資金が提供されていますが 今回のラウンドではおそらく100件以上の資金が提供されています そして すべてのラウンドは これからも成長し続けます これはまさにEnergizer BunnyのようなVCなのです 


決して止まることはありません 


まばたきをしているうちに1000人 またまばたきをしているうちに1万人と アフリカ 南米 東南アジア オーストラリア ニュージーランド 北米など 世界中から集まっていますが 特に問題はありません 


彼らが来ているのは 作りたいものがあるからです 


例えば 我々のパートナーであるEmurgoは VC側の規模を大幅に拡大し 1億ドルのファンドを設立することを発表しました 


どうでしょうか?cFundはWavesと提携したベンチャーキャピタルで 今では3,000万以上の資産を運用していますが 私たちは1,000万からスタートしました その価値のほとんどが上昇し そのポートフォリオではかなりうまくいっています 


そして 成長を続けています 


すでにいくつかのベンチャー企業に投資したことを発表しました 


私たちは ユーティリティートラックの優れたパートナーを見てきました 例えば dcSparkは Emurgoの出身です 


そして今 新しいライトウォレット「Flint」を発表しました このエコシステムには できるだけ多くのモバイル体験が必要です 


それだけでなく エコシステムの中でEthereumとの相互運用性をどのように構築するかについても話しています 


Mambaの話や サイドチェーンを使って相互運用性を実現するためのプロジェクトの話もしました 


Cardanoは 多様性こそが成功と回復力の鍵であると考えています 


dcSparkもMambaとは独立した計画を持っており どちらもすぐに実現すると思います 


スマートコントラクトのセキュリティと品質について多くの話をしました 


これは 私たちの業界におけるモラルハザードです 


これは我々の最大の失敗のひとつです 


私たちは人々に このアプリケーションを使ってこんなことをしなさいと言います 


そして それが何千万 何億 何十億というお金を失うことになります 


でも どうにもこうにも 良くなるどころか 悪くなる一方なのです 


では どうやって解決するかというと 認証で解決します 


監査 標準 厳格なコーディング・プラクティスで解決するのです 


Runtime Verification QuviQ CertiK これらの会社は形式検証やプログラム検証の分野で何十年もの経験を持っていますし 電車や飛行機 車を作ってその動作を確認したいときに呼ぶ人たちです 


そして その話をするために生きています 


学術界で生まれ 産業界で鍛えられた素晴らしいイノベーションを どうやってまとめて アジャイル開発チームにスケールダウンした形で 我々の産業に適用することができるでしょうか?100万ドルの予算で研究室にこもっている博士たちではなく 起業家が2人 3人で一緒に仕事をするのです どうすれば彼らのためになるのでしょうか?さらには どのような体験をさせるべきかという問題もあります その結果 認証とオープンアプリストアの間には 美しい同型性があることがわかりました 


今 消費者に押し付けられているキュレーションモデルは 「パパ 心配しないで Appleが面倒を見てくれるよ 」といったものです 


彼らが解決してくれます 


いずれにしても 誰が良い人で誰が悪い人なのか App Storeにあれば誰かがチェックしたということを教えてくれるでしょう 


もちろん App Storeに載せるべきではないと判断されることもありますが それはPapa appleと競合しているからかもしれません 


もしかしたらGoogleと競合するかもしれませんし Microsoftと競合するかもしれませんが それは良いモデルではありません 


誰もそんなことは望んでいません 


イノベーションの助けにもならないし 自分の夢を実現することもできないし 特に常識にとらわれないことをやりたい人にとってはそうです 


そこで いつでもオープンで 誰でも来れて 誰でも作れる ブロックチェーンにトランザクションを送信するだけのストアを作ったらどうでしょう 


そして それはそこにあるのです 


しかし 認証機能があるため 消費者にとっての視覚的な表示方法が異なります 


自分が持っているものが高品質で 詐欺ではなく安全であることを証明するために多くの作業をすればするほど 良い印象を与え 作業が少なければ少ないほど悪い印象を与えます 


とてもシンプルなコンセプトですよね?あなたはオープン性を維持しています 


しかし これからダウンロードして自分のアイデンティティやお金 プライバシーなどを使用する人々に 信頼性を証明する責任は 人々にあります 


彼らには 自分たちが宿題をやり遂げたこと そしてそれが正しいことを証明してもらいます 


Cardanoは ユーティリティ分野の多くの優れたパートナーと協力して それを皆さんに提供しています Plutusの開発者は これを確実に実現するために手を取り合って作られました 


Marloweのような素晴らしいプレゼンテーションを見ましたが Marloweはとても美しいコンセプトでした 


金融契約のための番号に指定された場所に色を塗るだけで完成する絵のようですね 


ロジックがあると それは難しいですよね 


考えることがたくさんあります 


一般的に言って 本物の技術者がすることは DSLやデータベース リレーショナルデータベースを構築して 我々の特定の記憶から何かを引き出すことです 


そのため Oracle Microsoft MySQLなど すべての実装が異なります 


そこで 製品とのコミュニケーション方法を統一するために ドメイン固有の言語である MySQL が作成されました 


すると突然 データベース管理者が博士号やコンピュータサイエンスを持っていなくても データにアクセスするめに それを使えるようになったのです 


同様に この業界では 何十億ドルものお金を管理するスマートコントラクトを書いているのに なぜそれがないのでしょうか?それをシンプルに 簡単に しかも安全に実現するDSLがないのはなぜなのでしょうか 


それがMarloweの設計概要でした 


そのためには 小さなブロックを並べた窓を用意するくらいのシンプルさが必要だと考えました 


ショーニー高校の12歳の生徒をラマダンに連れて行き 彼らを座らせて ブロックをクリックさせ 反対側に実際の契約を作成させたり SATソルバーを使用したり その他のすべての機能をその中で実現させることができ それが機能することもわかっています 


12歳の子供でも作ることができ クラッシュしないこともわかっています 


これこそがMarloweの夢であり ビジョンであり DSL駆動のアプローチです 


そして Cardanoのユーティリティー・トラック 


私たちがやったことは それが可能であるだけでなく 簡単であることを示しました 


私たちはHydraに注目しています 


我々がどこへ行くのかについて話しましょうか 私たちは成功しています 


そして 世界はすぐにそれを知ることになるでしょう 


1日に数千万 数百