• HUNNY

カルダノで優れた製品を作るために - カルダノサミット基調講演【翻訳文字起こし全文】


カルダノで優れた製品を作るためにをDynal Patelが語っています


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「カルダノで優れた製品を作るために - カルダノサミット基調講演」(2021/10/14)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


要点


・カルダノは、金融市場から切り離されている人々が簡単に融資を受けることができるようにすることを目的とし、自分のアイデンティティを所有できるようにします。


・発展途上国は レガシーシステムに対処する必要がないため 先進国を飛び越えるチャンスがあります


・C++やCのような日常的な言語を使えるようにするIELEにも取り組んでいます 


・ピアレビューされた学術研究に基づいて、 エンジニアリングプロセスでは 形式的な手法と特性試験を適用しています 


・Shelleyで 最大級の分散型ネットワークを立ち上げ、Goguenでは 分散型アプリケーションを作成することができるようになり、Bashoでは さらなるスケーラビリティを実現する予定で、そして Project catalystでVoltaire時代の幕を開けました


・Hydraプロジェクトでは 1秒間に最大100万件の取引を可能にするスケーラビリティを実現します 


・政府機関と提携し この技術の可能性を示すとともに 政府機関のデジタル変革戦略の一翼を担っています 


・さらに Cardanoは 安定した手数料 ステーブルコインなど 大量導入に適した環境を提供することも心がけています


・真面目で若い75%の企業がパブリックブロックチェーンに注目していますが 使っているのは7%に過ぎないのです それは2つのこと つまりセキュリティとプライバシーという観点に尽きるのです 


・今後10年以内に Cardanoは私たちの日常生活でどこにでもある存在となり 電話やテレビ 自動車を動かすようになるのです 


今後100年以内に Cardanoは政府や企業ではなく 市民がコントロールする新しい世界秩序を作り上げることが期待されます 


本文


Dynal Patel:IOGのチーフ・プロダクト・オフィサーを務めるDynal Patelです 


Cardanoは まさにエンパワーメントを目的としています 


人々が金融や金融市場にアクセスできるようにすることです 


人々が自分のアイデンティティを持ち 自分の個人データを所有できるようにすることです 


そして 人々が自分たちの住むコミュニティで発言できるようにすることです 


今 10億人以上の人々が資本にアクセスできず 銀行に行って口座を開設し 通常の貯蓄商品やローンを利用することができません 


Cardanoが行っているのは 金融市場から切り離されている人々に代替手段を提供し より簡単に融資を受けることができるようにすることです その資金を農業や子供の教育に使うこともできます 


私たちは 基本的にエコノミックアイデンティティと呼ばれるものを実現することによって これを実現しています 


これは 政府発行のような通常のアイデンティティを提供することから始まりますが このアイデンティティを評判と結びつけることができるのです 


地元の商店の店主は あなたが信頼できる人物であることを知っていますし 農協も あなたが農業に優れていて 過去10年間農作物をもたらしていることを知っているのです 


このように 個人的な取引や金融取引は 実はあなたの信用力をよく表しているのです 


そして これを銀行などの正式な機関や Cardanoなどの分散型プロトコルに提示することで 実際に融資を受けることができるようになるのです 


第4次産業革命が到来し 世界中でテクノロジーの普及が加速し 私たちの生活や相互作用のあり方を変えようとしています 


発展途上国は レガシーシステムに対処する必要がないため 先進国を飛び越えるチャンスです 


そして 発展途上国は 金融のための新しいシステム ガバナンスのための新しいシステム アイデンティティを提供する新しい方法 よりデジタル経済を作成する新しい方法をもたらしているCardanoのようなブロックチェーンプロジェクトを受け入れることができます Cardanoでは スマートコントラクトへの多方面のアプローチをしていました 


最終的には ユーザーは好きな言語で開発できるようになります 


当初は エンタープライズグレードのミッションクリティカルな分散型アプリケーションを可能にするPlutusをサポートしています 


また MarloweやGlowなどのDSLも追加し Cardano上のサイドチェーンの開発を加速させる予定です 


これによって Solidityのアプリケーションを作っていた開発者が それをCardanoに移植することができるようになります 


そして 彼らが慣れ親しんでいるツールチェーンを使うことができるのです 


また 近い将来 C++やCのような日常的な言語を使えるようにするIELEにも取り組んでいます 


私たちは 実は業界で最も優れたチームのひとつを集めています 


ブロックチェーン・プロジェクトを第一原理から構築できる数少ない企業のひとつです 


第二に エコシステム内のすべてのステークホルダーを理解することです 


私が行ったことのひとつは エコシステムの主要なステークホルダーに焦点を当てるために チームを再編成したことです 


その中には ステークプールの運営者 取引所 開発者 パートナー そしてADAの保有者も含まれています 


何がうまくいき 何がうまくいかなかったかを理解するために レガシーシステムにも多くの時間を費やしています 


また 競合他社にも目を向け どうすれば現状を打破できるかを考えています 


3つ目は 私たちのプロセスです コアテクノロジーは強力な基礎を築いてきました 


私たちが作るものはすべて ピアレビューされた学術研究に基づいています 


また エンジニアリングプロセスでは 形式的な手法と特性試験を適用しています 


また メインネットに何かを発信する前に コミュニティやユーザーからフィードバックを受け 研究を検証するためのテストネットも行っています 


これは 他のユーザーが反復し 拡張できるような強固な基盤を構築することなのです 


Shelleyで 私たちは最大級の分散型ネットワークを立ち上げました 


Goguenでは より多くの能力と機能が追加され エンタープライズグレードのミッションクリティカルな分散型アプリケーションを作成することができるようになりました 


Bashoでは さらなるスケーラビリティを実現する予定です 


そして Project catalystでVoltaire時代の幕を開けました 


これらによって ユーザーはさまざまな業界のさまざまな企業に対して 特定のソリューションを作成することができるようになります 


突然ですが すでにメインストリームでの採用が決定しています 


エルサルバドルのような国は Bitcoinを法定通貨として受け入れています 


また VISAやPayPalなどの企業が 暗号通貨を支払い手段として受け入れているのも目にすることができます 


間違いなくBitcoinがリードしています 


しかし Cardanoはより環境に優しい代替案を示しており 大量導入のための重要な問題を解決しています 


Hydraプロジェクトでは 1秒間に最大100万件の取引を可能にするスケーラビリティを実現します 


Atalaプロジェクトでは エコシステムが規制をよりよく遵守し トラベルルールを踏襲することを可能にします 


また 教育にも力を入れています 


政府機関と提携し この技術の可能性を示すとともに 政府機関のデジタル変革戦略の一翼を担っています 


さらに Cardanoは 安定した手数料 ネイティブなステーブルコインなど 大量導入に適した環境を提供することも心がけています 


また Cardanoは将来にわたって存続できるように 強固なガバナンスシステムを備えています 


つまり 真面目で若い75%の企業がパブリックブロックチェーンに注目していますが 使っているのは7%に過ぎないのです それは2つのこと つまりセキュリティとプライバシーという観点に尽きるのです 


GoguenはエンタープライズグレードのミッションクリティカルなdAppsの作成を可能にし 我々はdAppsのための強固な認証フレームワークも作っています 


この標準を作るために Qvik tweag RV Certikといったリーダー企業と提携しています 


プライバシーに関しては 様々なレイヤー2ソリューションを評価しており ビジネストランザクションを非公開にすることができるようになります 


つまり これはベースラインプロトコルで見るのと同じようなものです 


開発者を惹きつけるには ユーザーが必要です 


そのため 数百万人のユーザーを獲得することに重点を置いた戦略的な取り組みを数多く行っています 


その良い例が エチオピア政府と結んだ500万人の学生を対象とする契約で 今後5年間で2,000万人の学生を対象にする可能性があります 


もうひとつ重要なことは 開発者にとって競争力のあるプラットフォームにすることです 


ですから トランザクションの面ではより安く より速く 機能性の面では これから展開される認証フレームワークの分散型セキュリティのレベルなどではより良く ユーザーがオフチェーン計算も活用できるようにする点では拡張性があり 例えば Hydraを活用して1秒間に多くの取引を処理できる点ではより速くする必要があるのです 


また 開発者の方々の参入障壁を下げることにも注力しています 


Plutus Pioneerプログラムなど 多くの教育プログラムを展開していますし さまざまなDeFiのユースケースを構築している多くのパートナーとも協力しています 


その目的は ソースコードやドキュメンテーションをコミュニティに還元することです 


また Project catalystを通じて 最大で10億ドルの資金を調達しました 


このような土台からのイノベーションを可能にするためです 


ですから 資金調達だけでなく 自分のアイデアを提示すれば それをコンセプトとして発展させてくれる人たちのコミュニティが見つかります 


そして一緒に資金を申請することができ アイデアを発展させ 実