• HUNNY

Atala PRISM - 信頼経済への貢献とAcuantの発表【翻訳文字起こし全文】


Atala PRISMの価値、これからの開発について


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「Atala PRISM - 信頼経済への貢献とAcuantの発表」(2021/10/12)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


要点


・Atala PRISMは Cardanoブロックチェーン上に構築されたIOHKの自己主権型アイデンティティ・ソリューションです

・Atala PRISM製品群は 4つの異なるアプリケーションで構成されています 


1つ目は携帯電話を持っていない人のために クレデンシャルを受信保存・共有するための低価格なスマートカードです 


そして ユーザーが検証可能なクレデンシャルを受け取り 保存し 共有することを可能にするAndroid iOSのモバイルアプリケーションです 


それから管理コンソールは 組織がデジタルIDとクレデンシャルを簡単に作成し 検証できるようにするためのウェブベースのプラットフォームです 


ブラウザベースの拡張機能であるブラウザウォレットが DIDや認証されたクレデンシャルの発行を管理します


・企業にとってのAtala PRISMの価値とは何でしょうか 1つ目は サインアップやサインインのプロセスを簡略化することで デジタルサービスへのシームレスなアクセスを提供することです 


そのアイデンティティがどのように共有されるかを完全にコントロールすることができます 


また 顧客のデータ管理によるコスト削減も可能です 


・政府にとってAtala PRISMの価値とは何でしょうか?

電話などによる対面での確認が最小限になるため サービス提供のためのコストが削減されます 

また 不正行為の防止や対応などに対するコストが削減されます 


管理する文書の検証やフォームへの手入力に費やす時間を削減し 市民にとっての価値を創出します 


・Atala PRISMは 政府のデジタルトランスフォーメーションにも力を発揮します 


業界の報告によると デジタルIDは2030年までにGDPの13%を増加させることができます 


また 年間110億ドルの経済価値をもたらすと言われています


・Atala PRISMの企業や政府での導入事例をいくつかご紹介しましょう 


通信事業者のdishと契約し ユーザーに対してデジタルIDの検証を提供します 


タンザニアでは World Mobileと協力して モバイルユーザーに分散型IDを提供し 銀行やマイクロローンなどの金融サービスを利用できるようにする予定です 


そして グルジア共和国もあります 


私たちは教育省と協力して 大学生が検証可能な教育証明書を受け取って卒業できるようにするためのブロックチェーンベースのデジタルIDシステムを構築しているところです 


エチオピアでは 500万人の学生を対象に 政府が承認した初のデジタルアイデンティティソリューションを構築する予定です


・dAppの開発者が抱える最大の問題は その正当性を提供することなんですね 


そこでAtala PRISMでは こうしたdApp開発者の身元を確認できるようにします