• HUNNY

MELDとは?特徴・将来性、価格・チャート、稼ぎ方、買い方などを解説


MELDとは?その特徴や将来性、提供サービス・稼ぎ方を解説しています


※この記事は、このプロジェクトをおすすめしているというわけではありません。投資は自己責任でお願いします。カルダノ・エコシステム内のプロジェクトを紹介していこうという方針のブログ記事です。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



目次

・MELDとは?

・MELDの特徴

・MELDの将来性・メリット

・MELDの価格動向・チャート

・MELDでできる稼ぎ方・提供サービス

・MELDトークンの買い方



MELDとは?


MELDの公式ホームページ:https://www.meld.com/


MELDは、フィアット通貨と暗号通貨の貸し借りを行うための分散型でノンカストディアルのDeFiバンキングプロトコルです。


MELDプロトコルは、次世代ブロックチェーンであるカルダノブロックチェーン上に構築されており、新世代のDeFiのための高速で安全かつコスト効率の高いインフラを提供しています。


MELDを使えば、手持ちの暗号通貨を担保にして、フィアットの融資を受けることができます。iOS、Android、またはChromeの拡張機能であるMELDアプリを使ってプロトコルとやり取りし、融資条件を設定すると、あなたの暗号がスマートコントラクトにロックされ、フィアットがあなたの選んだ国の銀行口座に送金されます。



チーム



Ken Olling CEO

ケンは、テクノロジーデザインとデータの間で働くシリアルアントレプレナーであり、業界の最大の問題を解決するために新しい製品を構築しています。デジタルトランスフォーメーションの分野で20年以上の経験を持つケンは、新興企業からフォーチュン500に至るまで、世界中の企業に革新的な製品と消費者体験を提供してきた実績があります。過去および現在のクライアントには、Eltek、GE、HP、Harrods、Hydro、トヨタ、ソニー、Audi、Telenor、Total、Statoil、Visa、Ubisoftなどがあります。


Hai Nguyen Quang CTO

Haiは、起業家、システムアーキテクト、ブロックチェーンエンジニアとして活躍しています。彼の情熱は、非中央集権システムとブロックチェーン、特に関数型プログラミングとAIエンジニアリングにあります。彼のキャリアは、C++を使ったゲーム開発から始まり、すぐにAI開発へと発展しました。この4年間は、ブロックチェーンを使った信頼性の高い分散型システムの開発に専念しています。Haiは、ベトナムのハノイを拠点に活動しています。



アドバイザー



James Bowater

MELDの顧問としての役割以外にも、ジェームズは、Crypto AMの創設者兼特別編集者、ロンドン・ブロックチェーン・フォーラムの創設者、World Mobileのグローバル・アンバサダー、Boson Protocolのアドバイザー、Cudosのアドバイザー、Fintech Legal Labsのアドバイザー、BEQUANTのアドバイザー兼グローバル・アンバサダー、Sheesha.Financeのアドバイザーを務めています。


Nguyen Anh Quynh

グエン博士は、Blackhat USA/Europe/Asia、Defcon、Reconなどのサイバーセキュリティ・カンファレンスで定期的に講演を行っています。また、Usenix、IEEE、ACM、LNCSなどの学術的な場でも研究発表を行っています。この分野での彼の貢献(逆転の三部作など)は、サイバーセキュリティ業界や学術界におけるさまざまな革新的な作品の基礎となっています。

また、Verichains社の共同設立者兼ラボ長として、Ethereumスマートコントラクトのセキュリティに関する複数のセキュリティ研究論文や講演を共同執筆しました。また、スマートコントラクトの形式的なセキュリティ検証ツールであるRK87を構築したチームを率いていました。また、Kyber NetworkなどのDeFiプロジェクトを監査するチームのリーダーも務めています。

グエン博士と力を合わせて、カルダノスマートコントラクトのための最初の低レベルの分析・監査ツールを構築し、今後数ヶ月の間に監査人のためのツールキットとしてHachiを進化させていきます。


Amit Pradhan

アミットは、シリコンバレー・ブロックチェーン・ソサエティの共同設立者兼会長です。このソサエティは、最大級の投資家、思想家、実務家、創造者のネットワークであり、世界中に支部を持っています。このソサエティは、「Fund the Revolution(革命のための資金調達)」をコアミッションとし、分散型エコシステムにおけるインパクト、価値、文化に対する思慮深く責任あるアプローチをもたらします


Christian Katz

クリスチャンは、J.P.モルガンの副社長、ゴールドマン・サックスのマネージング・ディレクター、SIXスイス証券取引所のCEOなど、銀行・金融サービス分野で20年以上の経験を持ち、複数の企業の取締役を務めています。クリスチャンは、金融機関や国境を越えた市場でのブロックチェーンに関連する重要な洞察力と知識をMELDにもたらしています。



パートナーシップ


Tingo

世界第2位の暗号通貨市場であるナイジェリアで900万人以上のアクティブな携帯電話加入者を抱えるTingoと提携しました。

これにより、2022年にはTingoのユーザーの携帯電話にMELDが搭載され、何百万人もの人々に当社のサービスが提供されることになります。


World Mobile

ワールド・モバイルの顧客は超低金利またはゼロ金利でローンを利用することができます。ワールド・モバイルの事業者は、ノードに手頃な価格で融資を行うことができ、ワールド・モバイルのネットワークを展開するための資金を提供することで収益を得ることができます。

15兆ドルが現在世界経済から締め出されています。銀行口座を持たない、あるいは銀行サービスにアクセスできない20億人がいます。銀行サービスにアクセスできないことで最も影響を受けているのは、高い手数料を支払い、最悪のカスタマーサポートを受けている人々です。アフリカからこの状況を変えることができます。


Occam

MELD VaultをOccamX DEXに公開しますが、これには2つのメリットがあります。

OccamXユーザーは、深い流動性プールへのアクセスを得て、スリッページを減らし、プラットフォームのユーザーにさらなる価値を提供します。

MELD Vaultは、より多くのユーザーにスワップを提供することで、より大きな取引手数料を得ることができます。

また、ユーザーはMELDアプリ上でOCCを貸し借りすることができるようになります。オカム・レイザーの観点からのユースケースは、暗号資産をロックしてOCCを借り、ローンチパッドのIDO割り当てのTierを増やすことです。


SundaeSwap

SundaeSwapのユーザーは、MELDの深い流動性プールへのアクセスを享受することができ、これによりスリッページが減少し、SundaeSwapプラットフォームのユーザーにとっての価値が向上します。

その結果、MELD Vaultはより多くのユーザーがスワップを実行する機会を得て、より大きな取引手数料APYを生み出し、MELD Vaultの預金者にはより良い利回りを提供することになります。


Tweag

スマートコントラクトの監査は12月6日に予定されており、Tweagが担当する予定です。



Tokenomics



総供給量は、40億


チームメンバー、アドバイザー、パートナーは、トークンの発行から9ヶ月間のロックアップ期間があり、その後、毎月4%の権利確定が開始されます。

トークンの参加または利用に対する報酬は、報酬プールの未処理トークンの残数に対して、1日0.10%に相当するステークスの報酬を提供します。




MELDの特徴



暗号通貨担保のフィアットローン



MELDでは、保有している暗号を担保にフィアットを借りることができます。

MELDアプリを使って、借りたい金額を選びます。自分の暗号を担保として追加し(借りたい金額の2倍)、MELDスマートコントラクトにロックします。


暗号担保融資の場合は、自分の銀行口座に直接、電信送金でフィアット通貨を受け取ります。

または、暗号を預けた後、MELDデビットカードを利用した融資枠を利用することができます。


あなたの暗号担保は、MELDの流動性プールに加えられ、利回りを生み出し、ローンの全期間にわたってあなたのために働きます。


ローンは、LTV(Loan to Value)比率50%で発行されます。担保価値がLTV65%まで低下するか、50%を超えた状態が3日以上続くと、マージンコールが発生します。LTVを50%に戻すためには追加担保の提供が必要です。LTVが75%に達するか、65%以上の状態が3日以上続くと、LTVを下げるために流動性の追加が要求され、LTVが85%に達すると清算されることを警告されます。LTVが85%に達した場合、清算イベントが発生し、担保はフィアットローンに5%を加えた金額に相当する米ドルの安定したコインに変換されます。担保の残高は顧客に戻され、スマートコントラクトが完了します。顧客は借りたフィアットを保持します。


スマートコントラクトは、その国に必要なすべての書類を作成します。そして、その書類はユーザーの銀行に送られ、MELDappで利用できるようになります。国によっては制限があります。最初のうちは、(例えば)米国ではローンを提供しません。しかし、MELDの法務チームが対応しており、ほとんどの国でこのサービスを提供することができます。


MELDのフィアットオラクルは、SwiftとSEPAの両方の支払い基準に対応した適切な規制文書を作成しているため、ヨーロッパやアジアの伝統的な金融機関がMELDを利用することが包括的に可能となっています。


KYCについては、フィアットを貸し借りしない限り、KYCは必要ありません。KYCは、スマートコントラクトが各管轄区域のローンに必要なすべての書類を作成するために必要です。



MELDデビットカード



MELDデビットカードは、保有している暗号通貨の価値を引き出し、VISA/MasterCardが使える場所であればどこでも不換紙幣で使えるようにすることで、MELDプロトコルのユーザーは、不換通貨にキャッシュアウトすることなく、自分の暗号通貨を使って商品やサービスを購入できるようになります。使用したフィアットの金額に応じた利息しか発生しません。



MELDapp



MELDアプリは、フィアットの貸し出し、フィアットの借り入れ、クリプトの預け入れのプロセスをわかりやすく、簡単にしてくれます。

MetaMaskなどの異なるブロックチェーンやウォレットに暗号資産を転送またはリンクすることができます。


MELDappは以下で利用可能です。

・iOS

・android

・Chrome拡張機能



ラップドアセット



MELDは、他のブロックチェーンネットワーク(ETH、BNB)の資産をMELDが運営するCardanoブロックチェーンにラッピングするためのDeFiインフラを提供します。

MELD化された資産の最初の範囲にはETH、renBTC、BNBが含まれ、その後、他のERC20およびBEP20トークンが追加される予定です。



MELD Vaults


MELDプロトコルが運営するリクイディティ・プールは、Bancorのように借り手が担保をペアで預ける必要のない、シングルサイドのMELD/トークン・プールです。


ユーザーが暗号通貨を預けると、暗号通貨はスマートコントラクトにロックされ、それぞれのMELD/Tokenプールに入れられます。このメリットは、預かった暗号通貨を外部のDEXアグリゲータ/ルータからの取引手数料にさらすことができることです。

MELDプロトコルには、ステーキングされたMELDを保険として使用したインパーマネントロス保護が統合されています。



MELDトークン



MELDトークンは、保有者にいくつかのユーティリティー機能を提供します。まず、プロトコル上のいくつかの取引の支払いのために発行されたMELD。

次に、MELDをステーキングして4%のAPY報酬を得ることができます。


MELDのステークプールは、プロトコルの保険ソリューションとして機能します。ステーキングプールは、プロトコルで発生する可能性のある問題や、MELDの流動性プールのインパーマネントロスから保護します。


ステーキングのAPYは、MELDの資産や取引手数料など、プロトコルにかかるすべての手数料の40%から得られます。


MELDプロトコルでは、さまざまな種類の利用に対して手数料を徴収します。


ラップド・アセットの場合、課金される手数料は各取引方向に対して0.2%です。

手数料は、ローン金利の3%のマージンとしても徴収されます。

最後に、スワップの確定には0.2%の手数料がかかり、0.15%が流動性プロバイダーに、0.05%がプロトコルに支払われます


さらに、一定額のMELDトークンを保有することで、取引時に25%の割引を受けることができます。


ステーキングの期間に関わらず、ユーザーがステーキングの解除を要求する際には、7日間のクールダウン期間が設けられます。

これは、保険の対象となるイベントが発生した際に、「銀行が倒産する」という事態を避けるためです



ジーニアスローン


MELDは自己返済型のローンを提供します。顧客は自分の暗号通貨を担保にして、少し高めの金利でフィアットローンを組みます。顧客はローンの利息を支払うだけで、元金を支払うことはできますが、支払う必要はありません。