• HUNNY

【1分で読める】ルワンダのセーブ・ザ・チルドレンがカルダノ財団とパートナーシップ契約

以下の記事はnews.bitcoin.comを簡易にまとめたものです。


HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



引用元:news.bitcoin.com


ADAで直接寄付できる


ルワンダのセーブ・ザ・チルドレンは、カルダノ財団とパートナーシップ契約を結んだことを発表しました。100年以上前に設立されたセーブ・ザ・チルドレンは、現在、10億人以上の子どもたちに支援を行っているそうです。


この提携によってADAでの寄付金が仲介者を介さずに直接プロジェクトに届くようになります。

すでに、開始から数時間で約22,000ADA、約30,000米ドル相当の寄付が、このシステムを通じて行われているそうです。




寄付の透明化


セーブ・ザ・チルドレン以外にも、デジタル通貨で寄付を受けたことのあるNGOには、2017年12月に暗号寄付の受付を開始したGive Wellがあります。また、別のNGOであるIndia's Crypto Covid Relief Fundは、最近、Vitalik Buterinから数百万ドル相当の柴犬トークンを受け取ったと報じられています。


ユニセフのような他の団体が暗号寄付を受け入れているのは、これらが資金調達やNGOの分野で前例のないレベルの透明性を提供するからです。



この記事は楽しんでいただけましたか?


↓下のシェアボタンから、Twitterやブログ等でこの記事をシェアしていただけると嬉しいです。

もしよろしければ、HUNNYプールへの委任をよろしくお願いします!