• HUNNY

【翻訳文字起こし全文】IOHK アフリカにおけるブロックチェーンのビジョン



チャールズ・ホスキンソンが3年前にアフリカ・エチオピアについてのビジョンを語った動画です。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



以下の文章は、IOHKのYouTube動画「IOHK アフリカにおけるブロックチェーンのビジョン」(2018/5/14)を翻訳文字起こししたものです。




私が暗号通貨の分野に足を踏み入れたとき 暗号通貨を構築する意味や全体的な目的について深く考え始めました 暗号通貨は 人を本質的には信用しないシステムを展開し 中央集権を排除しようとしています 


米ドルやユーロに対抗するお金を作ればいいとか 銀行を全部潰してなんとか貸し出しの方法を作ればいいとか そういう話ではありませんでした そのほうがいいです 


思うに これらは興味深いことなのです 


学術的にも興味をそそられる概念です 


確かに競争と金融政策は興味深いものです 


しかし現実には 西欧諸国のシステムが好きか嫌いかにかかわらず 非常に悪いシステムの中で生活している人たちが大勢いて 約30億人が銀行口座を持っていないのです 


優れたアイデンティティ インフラ 金融インフラを持たない結果 相当な援助を受けるか 国を離れて頭脳流出を起こさない限り 貧困から抜け出すことができないのです 


暗号通貨の世界に入って最初に考えたのは 「私はすべてを知っています あなた方の問題もすべて知っています あなた方に何をすべきか教えます 私の才気に耳を傾けてください」と言うのではなく このテクノロジーを使って途上国の問題を実際に解決するにはどうしたらいいか ということでした 


そして これで長い間試行錯誤してきたことが なんとか解決します 


しかもそれは無残な失敗に終わっていました 


それらの代わりに 「この技術には所有者がいない」「この技術には失敗となる中心がない」「この技術にはコントロールする者がいない」ということなのです 


また グローバルなインフラであり どんなに金持ちであっても どんなに貧乏であっても 同じインフラを使うのです 


まるでニューヨークの地下鉄のように 一方には金融の世界で最も裕福な男性の一人がいます 


また ホームレスの人たちも乗っています 


同じインフラを使っているのです 


これは 暗号通貨の話でも基本的に同じコンセプトです 


4年ほど前 私はバミューダでTEDトークを行いました 


その講演の目的は なぜ私が暗号通貨を面白いと感じたのかを詳しく説明することでした 


ICOのための単なる からくり装置ではありません 


ニューヨークで開催される きらびやかな会議で話すのが楽しいだけのものでもありません 


つまり もしあなたに忍耐力があり 欲求があり 失敗や実験に対する意欲があり 少しの勇気を持って発展途上国に行けば 数年 3年 5年 10年という期間内に この技術の使い方を人々に教え 自分のものにさせることができるということです 


そうすれば 現地のあらゆる問題を解決することができます 


それが4年前に抱いた仮説でした 


IOHKを設立したとき Jeremyと私は常に発展途上国で何かをしたいと考えていました 


しかし 十分な勢いと収益 十分なインフラを自社内に構築し さらにカルダノを構築して この市場に正しく参入できると感じられるようになるまでには 数年を要しました 


アルゼンチンから始まり バルバドスを経て 現在はアフリカで最も人口の多い国のひとつであるエチオピアに進出しています 


これがアフリカ大陸への参入のきっかけとなりました 


では なぜエチオピアなのか エチオピアの特徴はなにかというと エチオピアは非常に古い歴史を持つ国で 多くの素晴らしいつながりを持っています 


地政学的にも重要な位置にあり アフリカ連合があり ユニセフがあります 


素晴らしい貿易関係を持つ国であり 大陸的な視点を持つ国でもあります アフリカには 少し孤立しがちな国もあれば 自分のいる土地の運命にリーダーシップを発揮する国もあります 


アフリカでビジネスをしたいと思ったら 南アフリカやエチオピアのような場所に行かなければなりませんし 港となる拠点が必要です 


そこで私たちは この地に拠点を置き 起業家や開発者 プロジェクトのネットワークを構築して 私たちのテクノロジーの価値をアピールすることが有効だと考えました 


エチオピアを選んだもうひとつの理由は エチオピアにはいまだに多くの貧困層が存在し 国の4分の1が極度の貧困またはそれに近い状態にあるからです 


また インフラにも大きな問題があり 銀行口座を持たない人の割合も非常に多いです 


そして 表面的には大きな人道的危機に直面しています 


エチオピアは わずか1世紀の間に 人口が約1,000万人から1億人に増加したという極端な成長の問題にも悩まされています 


その結果 19世紀から20世紀の変わり目にあった生物多様性の約90%が失われてしまいました 


この国は文字通りライオンを国のシンボルとしていますが ライオンは1000頭しか残っておらず 野生のキリンも1000頭ほどしか残っていません 


そのため 持続可能な成長に対応するのが少し難しい国なのです 


グローバリズムの結果に対処するのが難しい国なのです 


ですから 私たちの技術を導入するには 非常に良いターゲットだと考えました では どうすればいいのでしょうか?そうですね 最初のステップは 何も仮定せず 知識も仮定せず 初心者の心で始めることです 


そして 一緒に仕事をする優秀な人たちを見つけましょう 


なので 大学や科学技術省と提携します 


そしてケンブリッジ大学やオックスフォード大学 エジンバラ大学などから優秀な人材を集めて 我々の技術がどう役立つのか プログラミングやHaskellをどう使うのかを彼らに教えましょう 


そして 彼らが知識を身につけたら 今度はあなた方が日常的に直面している問題は何か ということを話し合うのです 


例えば エチオピアは世界最大のコーヒー生産国のひとつです 


そして この国を支えているのは このアグリテックビジネスなのです 


しかし コーヒーは国にとって大きな換金作物であるにもかかわらず その実態は実に寂しいものです 


ほとんどの農園は1ヘクタール程度の広さで 約150万人の人々がコーヒーを栽培していますが 品質は安定していません 


サプライチェーンにはさまざまな問題があります 


持続可能でない方法でコーヒーを栽培しています 


例えば 切り倒すべき木が切り倒されずに残っていることがあります 


その結果 人々はぎりぎりの生活を強いられています 


また 生育不良のシーズンがあると 大きな問題が発生します 


例えば サプライチェーン管理にブロックチェーンを導入することができれば 素晴らしいことだと思います 農家の協同組合を作り 適切なIDを取得して クレジットや保険 前払い金などに利用できるようなシステムを構築できないかと考えています  例えば 木を切り倒すなどの小さな変化で 場合によっては収穫量を2~300%増やすことができます 


また コーヒーの価格も安定し 変動が少なくなります まあ ここにいる人たちにとっては 少しだけお金が増えることになるでしょう 


それは飢餓状態に陥るのか それとも生き延びるのかということではなく 何世代にもわたって教育を受け 実際に富を築き 貧困から抜け出すことができるのかという違いがあるのです 


ですから 私たちの技術は そのような物語の一部になれる可能性が高いと考えています 


IoTやAI 多くの組み込み機器など 他の技術も確かにあります 


そして 電力網とインターネット接続の両方における間欠性の問題を解決する方法を見つけなければなりません 


それを考えるのは確かに楽しいし 刺激的です 


絶対に参加したいと思っています 


しかし すべての核となるのは信頼と協調です 


買い手は常に売り手を欺こうとし 売り手は常に買い手を欺こうとし ビジネス関係は略奪的であったり 短期的であったりと 人々が時に相反するインセンティブを持っているという事実に どう対処すればよいのでしょうか もし 中央集権的な調整を必要としない より良い構造 より良いガバナンスを構築できれば これらの問題を解決し より強く より良い市場を構築することができます 


その結果 人々は全体としてより良い立場に立ち より回復力のある状態になります 


さらに このようなインフラが整備されれば 自然保護や持続可能性 生態系の持続可能性について より進化した会話ができるようになります 


そうすれば 私たちは環境を破壊し続ける必要はありません 


そして 次々と種が絶滅していくのを見続ける必要もないのです 


素晴らしいのは ここで成功すれば アフリカや世界の他の地域でも成功するということです 


ですから これは非常に大きな挑戦なのです 


それは社会的な問題です 


ゲーム理論的な問題でもあり 市場の問題でもあります 


技術的な問題でもあります インターネット上に存在し 常にデジタル化されているお金を 常にインターネットに接続されているとは限らない携帯電話で使えるようにするのです 


これは困難なことであり 研究者や技術者に負担をかけることになるでしょう 


しかし 結局のところ あなたを定義づけるのは 最も多くのものを持っている人のために何をするかではありません 


最も恵まれない人々のために何をすべきか これが私たちの信条であり ビジネスへの取り組み方であると考えています 


だからこそ エチオピアに来れたことを非常に嬉しく思っています 


とても長い道筋です