• HUNNY

RealFiについて すべての人に機会を提供する【翻訳文字起こし全文】


RealFiについて、チャールズなどがパネルディスカッションしています。これからのDeFiのあり方


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「RealFiについて すべての人に機会を提供する」(2021/10/6)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



要点


・DeFiの上位互換を作ることに意味があると考え それをRealFiと呼んでいます


これはアイデンティティ、メタデータ、ガバナンスを組み合わせたものです


・例えば ケニアの農民やエルサルバドルの企業経営者の場合 これらの人々の多くは月に6%以上の貸出金利を支払っており これは絶対的にユーザーを食い物にしているとしか思えません 


しかし 彼らは他のシステムにアクセスできないため そうしているのです 


・規格に対する需要があることは明らかで DeFiに対する規制が来ることも明らかです 例えば Uniswapは米国証券取引委員会から注目されたばかりのようですし Coinbaseからは警告が出されています


今後12〜24ヶ月の間に 大多数のDeFiプロバイダーは アイデンティティとメタデータを明らかにし 適切な標準を作成し 安全で機能的であることを確認し さらに規制とガバナンスの問題を解決するために 計画的にRealFiにアップグレードしていくだろうと考えています


・10億人以上の人々がIDを持たず その多くが自給自足の農民や難民です 


10億人の人々が従来の身分証明書の発行を受けられない主な障害は身分証明書を発行できるオフィスに行けないこと 身分証明書の発行にかかる費用 煩雑な書類作成 手続き そして身分証明書の発行方法に関する知識の欠如などが挙げられます 


逆に言えば 10億人以上の人々が携帯電話を持っているということであり Atala PRISMで構築しているような ブロックチェーンベースのモバイルIDシステムへの道が開かれているということです


・過剰な担保設定が問題になっていて 人々は融資を受ける前に2~300%の担保を用意しなければならないのです 


私たちは この問題をCardanoで解決しようとしています 


例えば Atala PRISMを活用して信用調査機関を構築したり 通信事業者と協力してAIベースの信用調査を行うなど 信用スコアリングのための新しい仕組みを導入しています


・DeFi戦略を成功させる鍵は 3つの異なるレイヤーで構成されていると思います 


ユーザーエクスペリエンスの面を解決しなければならないのです 


第二に これらのプロトコルを最も必要としている国や地域の人々に届けるための適切なコラボレーションモデルが必要です 


だからこそ World Mobileのようなパートナーを得て インターネットに接続できる人が町にいて その人がコミュニティ全体にサービスを提供できるようなハブ&スポークモデルを考えているのです 


そして3つ目は これらのソリューションが成長していくためには 適切な資金が必要だということです 


Cardanoが非常にユニークなのは Catalystがあるからです 


・IOが考え出した真のイノベーションとは わたしたちのプロトコルのクラスに対してゴルディロックスゾーンを書くだけで 形式手法のプロセスと査読プロセスという2つを適用することができるプロセスやシステムを どうやって構築するかということでした 


そうすれば 10年待たなくても 数ヶ月から数年で 従来のモデルでは何十年もかかっていたことができるようになるのです