• HUNNY

【翻訳文字起こし抜粋】cFundのDavid Roebuck氏(Wave Financialから)を紹介 カルダノ360


cFundが投資している2つのプロジェクトについて少しだけ紹介しています。


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「Cardano360 - July 2021」(2021/7/30)の中から抜粋し翻訳文字起こししたものです。

00:25:44 Introducing to cFund’s David Roebuck, from Wave Financial


HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



要点




・cFundは 独立して運営されているアーリーステージの投資ビークル


・OccamとBlockSwapに投資している


・ADAをステーキングしたまま+7~8%の利回りを得るDeFiプロトコルがある


本文

Maki Mukai:今から紹介するのは Wave FinancialのDavid Roebuckさんです 


David ご自身とWave Financialについて簡単に紹介していただけますか?


David Roebuck:Makiさん お招きいただきありがとうございます 


Wave Financialは SEC(米国証券取引委員会)に登録された暗号資産管理会社で 5億以上の資産を管理しています 


私はWave Financialのプリンシパルで cFundの日々の運用を担当しています 


また 2014年からは暗号分野の機関投資家として活動しています 


Maki Mukai:cFundですが 実は昨年のShellyサミットで初めて発表しました 


しかし 新しいコミュニティメンバーのために このファンドが何であるか 何のためのものであるかを簡単に説明していただけますか 


David Roebuck:cFundは 独立して運営されているアーリーステージの投資ビークルです 


IOGとWave Financialのパートナーシップにより カルダノブロックチェーンとその技術を利用しようとしている企業や いずれはカルダノブロックチェーンと統合したいと考えている企業を支援しています 


あらゆることを検討しています 


Maki Mukai:いいですね 


それでは cFundが投資したプロジェクトについて 今日は少しお話を聞かせていただけますでしょうか 


David Roebuck:今 私たちはDeFiをよく見ていて 空きスペースがあるんです 


しかし DeFiの方では 2つの会社に投資しています 


ひとつはOccamという会社です 


コミュニティのメンバーの多くが知っていると思います 


これは 有望なプロジェクトを支援するローンチパッドです 


彼らは カルダノをベースにしたプロジェクトを立ち上げようとしています 


もう1つはBlockSwapと呼ばれるものです 


これはDeFiのプロトコルで ある資産をステークした個人が 合成を行わずにその資産の上に2つ目のイールドを得ることができるというものです 


さらに興味深いのは 例えばADAをフルにステーキングしていた場合 記憶が正しければさらに7~8%のAPYが得られることです 


これは 彼らが立ち上げた独自のステーキングハウスを通じて 完全にステークされたADAをBlockSwapに貼り付けるだけで実現できます



この記事は楽しんでいただけましたか?


↓下のシェアボタンから、Twitterやブログ等でこの記事をシェアしていただけると嬉しいです。

もしよろしければ、HUNNYプールへの委任をよろしくお願いします!