• HUNNY

【翻訳文字起こし全文】カルダノがChainlinkとのパートナーシップを発表 カルダノサミット


カルダノサミットにて、カルダノがChainlinkとのパートナーシップを発表しました。その際のChainlinkのNikiのインタビューです。


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「カルダノがChainlinkとのパートナーシップを発表 カルダノサミット」(2021/9/26)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



要点


・今回のカルダノサミットでは Chainlink Labsとの戦略的コラボレーションを発表しました 


・チェーンリンクは 世界最大の分散型オラクルネットワークです 


実際 DeFiのエコシステム全体の約70%を担っています


・Chainlinkは、基本的には2つのことを行っています 


1つは オフチェーンのデータを安全にオンチェーンにすること  


もう一つは 異なるブロックチェーン間の相互運用性を実現することです 


・今回のコラボレーションでは CardanoとChainlinkが統合するというアイデアが 些細なことではないということを理解することが重要だと思います 


特定のチェーンとの統合するとき それは非常に高いハードルであるということです 


私たちが行うすべての統合には 非常に高いセキュリティ 信頼性 スケーラビリティの基準があります 


メンタルモデルとして 例えば何千億ドルものTVLをCardanoのエコシステム上で 特にDeFiスペースで確保できるようなものだと想像してもらえればと思います 



本文


Tim Harrison:今回のカルダノサミットでは Chainlink Labsとの戦略的コラボレーションを発表しました 


Niki Ariyasinghe氏は ブロックチェーン・パートナーシップの責任者です 


多くの人がChainlink社の名前を聞いたことがあると思いますが どのような会社なのかもう少し詳しく教えてください 


Niki Ariyasinghe:この場にいられることを嬉しく思います 


もちろん 話させていただきます 


チェーンリンクは 世界最大の分散型オラクルネットワークです 


基本的には2つのことを行っています 


1つは オフチェーンのデータを安全にオンチェーンにすることに注力しています 


どんなブロックチェーンにも対応しています 


そしてもう一つは 異なるブロックチェーン間の相互運用性を実現することです 


私たちは スマートコントラクトに関するあらゆるサービスを提供しています 


いくつかの例を挙げると 私たちはプライスフィードの提供で非常に有名です 


これは暗号通貨の価格のフィードです 


例えば BTC/USDの価格を提供していますが これは様々なデータプロバイダーや広大なノードオペレーターネットワークを含む分散型の方法で行っており その安全な価格をユーザーに提供しています 


実際 DeFiのエコシステム全体の約70%を当社が担っています 


最初は 暗号通貨の価格のフィードから始めました 


現在では 他にもさまざまなスマートコントラクトサービスを提供しています 


検証可能なランダム性です 


これはチェーン上の検証可能なランダム性で ゲームやNFTのような分野で非常に有用です 


また 最近発売したKeepersという製品もあります 


これは 自動化とスマートコントラクトのメンテナンスサービスを提供するもので DeFi分野でも人気があります 


私たちにとっては スマートコントラクトサービスをユーザーに提供することが重要なのです 


ユーザーは Cardanoのようなプラットフォームの上に ユーザー中心のパワフルなアプリケーションを構築することができます 


Tim Harrison:では 会社としてのビジョンやミッションについて もう少し詳しく教えてください 


Niki Ariyasinghe:私たちは 分散型のオラクルネットワークを提供しています 


しかし 暗号通貨の価格のフィードやDeFiのようなものを始めたのは 本当に始まりに過ぎません 


基本的に 私たちのビジョンは 私たちが真実と呼ぶものを 暗号化された方法で提供することで 社会にもっと大きな影響を与えたいと考えています 


これは 高度なスマートコントラクトを介して提供することができます 


私たちは ブロックチェーンとスマートコントラクトができることを さまざまな業界 さまざまなプラットフォームに広げていきたいと考えています 


私たちが実現したいと考えている幅広いビジョンは 何年も先のことになると思いますが この種の暗号化された真実によって ブロックチェーンやスマートコントラクトが実際に世界に役立つアプリケーションを実現する方法について オープンソースの標準を構築することに焦点を当てています 


先ほど オフチェーンのデータを安全にあらゆるブロックチェーンに取り込むことができるという話をしました 


これは あらゆるタイプのデータフィードを介して実現できます 


暗号通貨の価格のフィードはほんの始まりに過ぎません 


決済システムに接続することなども可能です 


しかし 非常に便利な例として パラメトリック保険の分野があります 


私たちは サハラ以南のアフリカでパラメトリック保険を実現しようとしている多くの興味深いFinTechスタートアップと協力しています 


パラメトリック保険の契約に必要なデータの1つは 安全性が高く 検証可能で堅牢な気象データです 


これはほんの一例です 


しかし 他にも興味深いデータがたくさんあり それらをCardanoのようなプラットフォームに導入することで ユーザーはそれらのデータを利用して面白いアプリケーションを構築することができます 


2つ目の重要な分野は クロスチェーンの相互運用性の実現です 


これは 異なるチェーン間の橋渡しを可能にするためのフレームワークです 


これは Cardanoのエコシステムとも協力していきたいと考えています 


つまり マルチチェーンの世界を実現することが目的なのです 


Tim Harrison:今週末のサミットでは 当然ながら戦略的なコラボレーションを発表しますが なぜCardanoのエコシステムに参加したいのか もう少し詳しく教えてください 


Niki Ariyasinghe:私たちは Cardanoのエコシステムに非常に大きな敬意を払っています 


Cardanoを支える技術チームやIOGなどに対してはもちろんですが コミュニティの協調性にも多大な敬意を払っています 


ですから ChainlinkとCardanoのエコシステムの間には 非常に大きな敬意があると思います 


第二に これは明らかにタイミングの問題です 


Cardanoは 明らかに長い期間 様々な種類のアップグレードを行ってきました 


最近では スマートコントラクトを実現するためのAlonzoがあります 


私たちにとって これはCardanoのエコシステムに参加するための適切なタイミングであり Cardanoのような非常に技術的に優れた強力なプラットフォームと 特にオフチェーンデータを介してスマートコントラクトを実現するために構築されたChainlinkが一緒になることで より良いものになるはずです 


Tim Harrison:このコラボレーションの結果 コミュニティにどのようなことを期待していますか?


Niki Ariyasinghe:今回のコラボレーションでは CardanoとChainlinkが統合するというアイデアが 些細なことではないということを理解することが重要だと思います 


私がいつも言っているのは 私たちが特定のチェーンとの統合を完了するとき それは非常に高いハードルであるということです 


私たちが行うすべての統合には 非常に高いセキュリティ 信頼性 スケーラビリティの基準があります 


メンタルモデルとして Cardanoのエコシステムにいる人たちに 私たちがここで構築しようとしている統合とは 例えば何千億ドルものTVLをCardanoのエコシステム上で 特にDeFiスペースで確保できるようなものだと想像してもらえればと思います 


第一に これは重要な重要なポイントだと思います 第二に 私たちのコラボレーションの観点から これも非常に重要なポイントだと思いますが Cardanoは 非常に特殊な理由で構築された一連のユニークな機能を備えています 


しかし 明らかに技術的なレベルで解決しなければならない重要な側面があります 


しかし IOGの技術チームとChainlink Labsの技術チームが協力することで これらの課題やハードルを解決し CardanoとChainlinkの間で非常に堅牢で信頼性の高い スケーラブルな統合を構築することができると確信しています 


この準備が整い次第 ユーザーの皆様には最新情報をお届けしますが 実際には2段階のプロセスを経ることになります 


1つ目は ユーザーに公開されるテストネットで 特に安全なテスト環境で暗号通貨価格フィードの一部を展開することができます 


ユーザーは これらのフィードが構築中のdAppsにどのような価値をもたらすのかを把握することができます 


第二に メインの統合が開始されると ユーザーはさまざまな暗号通貨価格フィードにアクセスできるようになり その後 さらにさまざまな他のサービスにもアクセスできるようになります たとえば 天気データやスポーツデータなど Cardanoのエコシステムで求められている難解なデータフィードなどです 


また 先ほどお話した検証可能なランダム性やKeepersなど Cardanoのエコシステムの中でユーザーから求められているサービスもあるでしょう 


これらのサービスは 今後コラボレーションの一環として追加されていきます 


Tim Harrison:Niki これからが楽しみですね カルダノサミットにご参加いただき ありがとうございました 


Niki Ariyasinghe:ありがとうございます Tim 



この記事は楽しんでいただけましたか?