• HUNNY

AIとロボット - チャールズとベンが過去、現在、未来を語る【翻訳文字起こし全文】


SingularityNETのベンとチャールズ・ホスキンソンなどがこれからのAIロボットと分散型の情報管理の必要性について話しています。


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「AIとロボット - チャールズとベンが過去、現在、未来を語る」(2021/10/7)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら


要点


・AIとビッグデータの間には興味深い相互作用があり そこでCardanoのようなブロックチェーンのデータ主権能力が発揮される 


グレースなどのロボットはバックエンドで医療記録を扱う必要があり 高齢者や医療患者の機密情報を扱う必要があります 


このようなデータを安全に扱い データ主権とプライバシーを尊重しつつ バックエンドでロボットの汎化・学習にデータを利用できるようにするのです 


・「ニューネット」というプロジェクトがあります これは 私たちの携帯電話やラップトップ プロセッサ ロボットなどのすべてで動作するプロセッサが 実際にその処理能力をグローバルなAIネットワークやCardanoネットワークに提供するものです


・グレースのような世話人がいれば 彼女は決して疲れず ミスもせず イライラしたり 感情的になることもないのです 


また ロボットの知覚は 人間のそれよりもずっと強固なのです 


例えば 最近 医学文献で 人の声の響きだけで パーキンソン病を進行の早い段階で発見できるテストが発見されましたが 人間はそれを聞くことができませんが ロボットはできます 


そして それを組み合わせるのです 


これが100万台もあれば 100万台のノードがあり 学習 成長 収集がすべて同じバックエンドに送られます


本文


Charles Hoskinson:こんにちは 皆さん 


夜はどうでしたか?二日酔いですか?わたしたちは楽しんでいます 


ワイオミング州ララミーにようこそ ライブストリームをご覧の皆さん


特別ゲストがいることに お気づきでしょう Ben Goertzel Nick nifaq(?) しかし 我々の後ろにいるのは 珍しい人たちです 


どなたか この人気テレビ番組をご存じないでしょうか?ありがとうございます 


もう一人はどうですか?


あれは実はロビー・ザ・ロボットなんだ 


当時は最も高価な映画用小道具で 1950年代に作られました 


Nickはこのロボットと個人的なつながりがあり 物語があるのです 


Nick:ありがとうございます Charles 


光栄です そして ここに来てくれた皆さんに感謝します 皆さんと交流できて本当に良かったです 


そうですね 興味深い話です