• HUNNY

INDYトークンエアドロップの受け取り方法


合成資産プロトコルのIndigoのINDYトークンエアドロップの受け取り方法

Indigoの公式ホームページ


HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら

以前エアドロップの参加チャンスがありました。


クイズをクリアし、CSPAにステークしている方は、エアドロップの参加条件を満たしたことになります。 参考:合成資産プロトコルIndigoのINDYトークンエアドロップ参加方法



要点

・参加者は自分のウォレットをIndigo Web App(11月21日ローンチ予定)に接続し、アプリ内の指示に従い、ウォレットにINDYを引き出す必要があります。 ウォレットを接続すると、ダッシュボードに「Airdrop」のバナーが表示され、エアドロップの対象かどうかを確認することができます。


(※2023年3月31日までにウォレットに取り込まれなかったINDYは、引き落とし対象外となり、再配布の対象となります。) ・175,000 INDYを配布します。この報酬を得るには、2022年11月6日に357のプールの1つに最低10ADAをステーキングしている必要がありました。 合計79,679のウォレットがリワードを引き出す資格を得ました。


資格のあるウォレットをIndigo Web Appに接続した各ユーザーは、先着順で5 INDYの1回限りの引き出しを受けることができます。

Indigoについて

Indigoは、現実世界の経済をトークン化するという長期的なビジョンを持っており、通常ではアクセスできない資産に人々や機関がアクセスできるようにすることで、DeFiとRealFiの両方において重要な役割を果たすことになると考えています。 Indigoは、トレーダーが現実世界の資産の価格にアクセスできるよう、合成資産(iAsset)のミントを可能にします。また、iAssetは、従来の資産と比較して、端株での保有や、地域や取引時間に関係なく取引できるという大きな利点があります。ユーザーは、原資産の購入や保管に煩わされることなく、原資産の価格に触れることができるのです。インディゴの非カストディ・非中央集権アーキテクチャにより、インターネットに接続できる人であれば誰でも、グローバルな規模で資産への価格露出が可能になります。


https://indigoprotocol.io/


この記事は楽しんでいただけましたか?


↓下のシェアボタンから、Twitterやブログ等でこの記事をシェアしていただけると嬉しいです。

もしよろしければ、HUNNYプールへの委任をよろしくお願いします!