• HUNNY

DISHとのパートナーシップについて カルダノサミット【翻訳文字起こし全文】


通信業界の大手DISHとカルダノがパートナーシップを発表。ブロックチェーン技術を活用し、通信業界に革新を起こしていく


以下の文章は、IOHKのYouTube動画「DISHとのパートナーシップ カルダノサミット」(2021/9/26)を翻訳文字起こししたものです。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



要点


・DISHとInput Outputがブロックチェーンサービスを構築するパートナーシップを結ぶことを発表


・通信会社のBoostは、すでに数百万人の顧客を抱えており 最終的には数千万人の顧客を抱えることになるでしょう 

そして ブロックチェーンの技術を利用して イノベーションを起こし ロイヤリティ・プログラムであれ エコシステムの拡大であれ 新しいサービスを提供することができるようになります。 


通信事業者は アプリストアやソフトウェアプロバイダに提供していた価値の一部を取り戻し それをネットワーク部分にも還元することができるようになります 


・また 人々がブロックチェーン分野に接するのは主に携帯電話であるという意味で ほとんど自然なつながりがあると感じています 


ですから この2つの業界はお互いに惹かれ合っているように感じます


・分散型のアイデンティティには セキュリティなどの大きなメリットがあります 


しかし それ以上に サードパーティのエコシステムを強化・拡大することができ 消費者はシームレスに新しいサービスに参加することができます 


・セキュリティに関して正しい知識を持っていると思われる人たちでさえ ひどい間違いを犯しています 


米国史上最大の出来事の1つは OPM(Office of Personnel Management)のハッキングだったと思います  スパイや将軍 軍人など 彼らの深い個人情報や人間関係などが極秘の政府機関によって保管されていましたが ハッキングされ 1970年代以降 2200万件のファイルが失われました 


そのような機関がデータの安全性を確保するのが難しいのであれば フォーチュン500の中小企業や個人が従来のパラダイムでデータの安全性を確保できると考えるのは現実的ではありません 


そこで パラダイムを少し変えて消費者を中心に据え 個人を特定できる情報へのアクセスをコントロールする必要があるのです


・Stephenは これらの断片的なシステム間を簡単に行き来できるような流動性を生み出すことが非常に重要であると述べています 


なぜなら この流動性が最終的には 10ドルの収益と100万ドルの収益の違いであり 顧客生涯価値が50セントの低額顧客と2,000ドルの顧客生涯価値の違いでもあるからです 


エコシステムの中でできることが増えれば増えるほど サービスへの接続が容易になり サードパーティが参入して自社のサービスをあなたのサービスに接続することも容易になります


・このパートナーシップのもうひとつの大きな特徴は トークン化されたロイヤルティポイントです


ロイヤルティプログラムを見ると おそらく航空業界が最大の成功例だと思います 


アメリカン航空のロイヤリティ・プログラムは 300億ドルの消費者価値を生み出したというデータがあります 


しかし もっと広くロイヤリティ・プログラムを見ると ロイヤリティ・プログラムと航空会社のサードパーティ・エコシステムから生まれた膨大な消費者価値があります 


Boostはブロックチェーンベースのロイヤリティプログラムを採用した最初の通信事業者になる予定です 


なぜブロックチェーンが重要なのかというと 航空会社が何十年もかけて構築してきたものを 数ヶ月から1年くらいで追いつくことができるからですね というのも ブロックチェーンを使えば 第三者がエコシステムに参加することができますし 先ほどお話したように譲渡も可能です 


Boostのお客様は 料金の支払いや会員登録 友人の招待など さまざまなアクションを行うことで ロイヤリティポイントを獲得することができます 


しかし これらのポイントを 単に料金の値引きや新しい携帯電話に交換するだけでなく 現金 Bitcoin Cardano ホテル 航空券 あらゆるサードパーティサービス 金融サービスに交換することができるのです  



本文


Jerry Fragiskatos:皆さん こんにちは 


私の名前はJerry Fragiskatosです 


私はInput Output社でチーフコマーシャルオフィサーを務めています 


今日は このInput Outputsのイノベーション責任者であるChris Ergen CEOのCharles Hoskinson Boostの責任者であるStephen Stokolsと一緒にいます 


今日のパネルディスカッションでは私がモデレーターを務めますが ここではエキサイティングなニュースをお伝えします 


まずはChrisからお願いします 


Chris Ergen:DISHとInput Outputが ブロックチェーンをネットワークと消費者戦略の中核に据えるために ブロックチェーンサービスを構築する戦略的な協力関係を結ぶことを発表できることを嬉しく思います 


Jerry Fragiskatos:ありがとう Chris 


それでは 最初の質問をします 


大まかに言って ブロックチェーンの世界と通信分野をつなぐポイントはどこにあるのでしょうか?Charles その議論を始めてくれませんか?


Charles Hoskinson:通信分野の世界は実に興味深いものです 


それは 空間と時間を超えた人の価値データの移動に関するものです 


インターネットなど 私たちが当たり前のように使っている多くのものの原動力となっているのが通信会社です 


昔の電信時代から電話時代を経て 実際にコンピューティングデータを送信するようになるまで 何度も革命を繰り返してきました 


そして今 私たちはグローバルなネットワークを持ちたいという願望を持ち 消費者を重視した状況にあります 消費者はある場所から別の場所へとシームレスに移動でき ネットワークのコストとサービスの質を予測することができます 


消費者は アプリケーションやデータを好きな場所で好きなように利用できます 


問題は 通信業界の基本的なビジネス構造を見てみると 非常に凝り固まっているということです 


非常に20世紀的であり 非常に独占的な考え方をしています 


これは誰にとっても良いことではなく 企業が稼げる利益の量を減らしてしまいます 


ブロックチェーンのポイントは お金や財産権 投票などの分野で行っているのと同様に 同じ技術やコンセプトを一流の通信事業者に適用して 接続性に革命を起こせないかということです 


DISHと一緒に仕事ができることは とてもエキサイティングです というのも DISHは80年代に設立された通信業界の反逆者のような存在だからです 


彼らのビジネスモデルは 多くの革新を経てきましたが そのすべての段階において 常に業界全体の変革をリードしてきました 


そして今 通信事業者を見てみると IDの利用 データの移動 容量 交換など さまざまなことが交差しており それらを実現することができると考えています 


そしてそれは 数百万人から数千万人のユーザー規模で行うことができ 最終的には世界規模で行うことができます 


だからこそ これは非常にエキサイティングなパートナーシップなのです 


今後の展開がとても楽しみです 


非常にチャレンジングですね 


ブロックチェーンプロトコルをキャリアスペースに適合させるためには 多くの科学 革新 エンジニアリングを行わなければなりません 


また 通信事業者は数千万単位の規模で事業を展開しているため 顧客の視点から見ても非常にエキサイティングです 


この種の取引は 誰も見ていないどこかのサーバーのバックエンドに何かをもたらすだけではありません 


このような取引がうまくいけば モデル全体を根本的に変革し 通信事業者を革新して 人々のデジタルライフ 経済ライフ 消費ライフ メディアライフの中心に位置するようにし 最終的にはすべての人にとって より良く より公平で より透明性が高く より費用対効果の高い体験ができるようになります 


Jerry Fragiskatos:ありがとうございます Charles 


Stephenさん 補足していただけますか?


Stephen Stokols:先ほどCharlesが言った 消費者についてのポイントを強調したいと思います 


通信会社のBoostを見てみると すでに数百万人の顧客を抱えており 最終的には数千万人の顧客を抱えることになるでしょう そして ブロックチェーンベースの技術を利用して 実際にイノベーションを起こし ロイヤリティ・プログラムであれ エコシステムの拡大であれ 新しいサービスを提供する能力があります 通信事業者は アプリストアやソフトウェアプロバイダに提供していた価値の一部を取り戻し それをネットワーク部分にも還元することができるようになります 


このように ネットワークから消費者に至るまで まもなく展開される予定のものに非常に期待しています 


Jerry Fragiskatos:Chris なにかありますか?


Chris Ergen:ええ そうですね 


つまり 私はもう少し根本的な部分を見ていると思うのですが ブロックチェーンは接続性がなければ意味がありません 


カルダノが提供するブロックチェーンベースのプロトコルと同様に 私たちがネットワーク接続を実現するために構築しているものは 基本的な部分としてあります 


これらは個々に強力な技術であり それらを組み合わせることで さらに大きなものになると考えています 


Jerry Fragiskatos:さて 私の立場では 商業的な観点から ここではメトカーフの法則が有効であると考えています 


大きなネットワーク つまり通信ネットワークと ブロックチェーンネットワークがあります 


ご存知のように ネットワークの価値は 接続しているユーザーの2乗になります 


つまり ネットワークが連携することは理にかなっているのです 


これは私の視点でもありますし 市場でも同じことが言えます ネットワーク同士の連携を推進し 相互運用性を高めることは 私たちの業界では大きな意味を持ちます 


そして これは今後も拡大していくでしょう 


Charles Hoskinson:ブロックチェーンの中心的な目標の1つは エッジを強化することです 


フォーチュン250の企業が端にあると考えるのは面白いですが レガシー経済の仕組みではそうなってしまうケースが多いのではないでしょうか 


DISHや他の中小企業でも 場合によってはレガシーな銀行システムに翻弄されたり 多くの古い規制や古いレガシーなビジネスモデルに翻弄されたり 独占されたりと 事実として受け入れざるを得ないことがあります 


これは膨大なコストの中心となり 最終的に製品の品質を低下させ 企業全体の収益性を低下させます 


セネガルやエチオピア タンザニア ザンジバルの人々の生活を個人レベルで変革しようとしているのと同じように 農業従事者や中小企業の経営者 大学卒業者など 組織やビジネスを変革しようとしています 私たちは DISHに ブロックチェーン技術をどのように活用して お客様との関係 決済方法 アイデンティティのあり方 そして最終的には21世紀のビジネスや競争のあり方について お客様の自主性と力を取り戻すことができるのかということに 大きな期待を寄せています そして最終的には これが成功すれば 電気通信分野のデフォルトのビジネスモデルとなり DISHが常にこの分野での先発者 破壊者の一人であるという評価が継続されるだろうと考えています 


だから私たちは これがどうなっていくのか とても楽しみにしています 


Jerry Fragiskatos:DISHやBoostと仕事をするようになって 驚いた点があります 


Input Outputは 新興国ではサービスを受けていない人が多いので 新興国に焦点を当てています 


しかし DISH Boostとの取り組みを始めたとき アメリカ国内にもサービスを受けていない人がたくさんいることに気づきました 


そしてブロックチェーンは 第一世界と第二世界のギャップを埋めることができるのです これもDISHとの仕事で発見したことです 


では DISHファミリーとのコラボレーションはどのようにして生まれたのでしょうか?また このパートナーシップの最終的な目的は何でしょうか?CharlesとChrisの間には 共通のつながりがあって始まったのだと思いますが まずはこの話題から始めてみませんか?


Chris Ergen:私たちは 世界で最初に暗号通貨での支払いを開始した上場企業のひとつです 


2014年には ブロックチェーン分野の端境期に入っていたように思います 


私は以前から この技術を活用してビジネスを改善したり お客様の体験を向上させたりする方法を検討していました そして 共通の友人がCharlesを紹介してくれたおかげで 今年の初めに会うことができました 


彼の考え方や ブロックチェーンが世の中でどのような役割を果たしているのかを見て すぐに感銘を受けました 


そして 有能で 一緒に何ができるかという大きなビジョンを持っている人と一緒に仕事をする絶好の機会だと思いました 


そして そこから雪だるま式に発展していったのです 


そして 9ヵ月後の今 私たちはここにいます 


Charles Hoskinson:ええ それは素晴らしい関係でした 


通常 フォーチュン500 フォーチュン250 フォーチュン100といえば より大きな企業のことを指します 


このような企業には巨大な官僚機構が存在していますが フロントドアから始めて ゆっくりと しかし確実に その官僚機構を切り離していって 3年後 5年後 10年後 15年後にどこに行きたいのか 会社の内部と話ができるようになるのです あなたの業界はどこに向かっていると思いますか?私たちのポートフォリオの中で 企業としてあなたに提供できるものは何か あなたが行きたいところに行くために使えるものは何か 信じられないような会話が繰り広げられました この9カ月間 毎週2 3回は電話していたと思います 


そして この関係のすべての部分に 膨大な量の仕事が費やされてきました 


しかし 私たちが常に感銘を受けているのは その能力 技術 情熱のレベルの高さです 


加えて Boostチームはこれまでずっと 官僚主義に陥ったことがないことを証明してくれました 


もしあったとしても Chrisはそれを隠すために素晴らしい仕事をしてくれました 


きっと彼もそうしなければならないのでしょう 


それはとても光栄なことです 


もう1つは この契約では革新のための自由が与えられていたことです 


その結果 帯域証明のような全く新しいものが発明され アイデンティティについての考え方が大きく変わりました また 科学論文や形式的な手法によるコード化に夢中になっている私たちは 企業として実際に消費者を中心に考えることを余儀なくされました 


その向こう側に実際の人間がいることを忘れてしまうことがあります