top of page
  • 執筆者の写真HUNNY

SundaeSwapとは?特徴・将来性、価格・チャート、稼ぎ方、買い方などを解説


SundaeSwapとは?その特徴や将来性、提供サービス・稼ぎ方を解説しています


※この記事は、このプロジェクトをおすすめしているというわけではありません。投資は自己責任でお願いします。カルダノ・エコシステム内のプロジェクトを紹介していこうという方針のブログ記事です。



HUNNYプールにステーキングしましょう!


HUNNY:ff5eb7a210b3b322271da7f17753a06d107bda666f34be10017ad723

PoolToolで詳細を見る:こちら



目次



SundaeSwapとは?


SundaeSwapの公式ホームページ:https://sundaeswap.finance/



SundaeSwapは、Cardanoブロックチェーンのために構築された分散型の取引所(DEX)です。


ブロックチェーンの参加者が流動性を提供し、他の人が自分のネイティブトークンを交換するための市場を作ることができます。


その見返りとして、スワッパーは少額の手数料を支払い、流動性提供者は預託金のリターンを得ることができます。



チーム



Pi Lanningham Chief Information Officer


数学者であると同時にソフトウェアエンジニアでもあるパイは、機密性の高いプロジェクトで開発者のチームをリードしてきた豊富な経験を持っています。ニューヨーク大学では、15人の開発者を率いて、学生の安全を守るためのポータルや、数百万の請求書を処理する請求書システムなどを開発しました。また、Lifion社では、自動テストツール、通信プロトコル、クエリエンジン、コード監査ツールを構築しました。数学の修士号を持ち、2つの特許を申請中で、SundaeSwapの成功には欠かせない厳格な哲学を持っています。


Matt Ho Chief Technology Officer


マットは、25年以上にわたって革新的な製品を市場に送り出してきた業界のベテランです。マットは、LOYAL3社のCTOを務めました。LOYAL3は、Virgin America、Square、Go Pro、AMC Theaters、HubspotなどのIPOをサポートしました。

それ以前には、初期のFinTech企業で、Home Depot、BP Amoco、K-mart、Tandyなどを顧客に持つStockPower社のCTO兼共同設立者として活躍しました。

さらに、マットは、株主報酬システムの特許を含む、金融サービスでの仕事に関連した多くの特許を取得しています。


Mateen Motavaf Chief Executive Officer


Mateenは、テック系スタートアップでの戦略責任者やリードUI/UXデザイナーとしての仕事から、2つの非営利団体の運営まで、様々な経験を積んできました。SundaeSwapでは、マティーンは、SundaeSwapのスイートブランディングの維持、ビジネス開発、人材ソーシング、UI/UXデザインを担当しています。



アドバイザー



Dewayne Cameron


経営コンサルティングとソフトウェア導入の分野で4年間の経験を持ち、公共部門の組織で製品開発、データ分析、戦略的変革プロジェクトを主導しました。また、カルダノをベースに構築されているオープンソースプロトコルであるLiqwidとIndigoの共同設立者でもあります。


Emily Pillmore


エミリーは、5年間ウォール街でモデル検証者を務めた後、関数型プログラミングにたどり着きました。それ以来、Disney、Bank of America、そして最近ではKadenaなどの大規模な分散システムで、ScalaからHaskellまで様々な技術を駆使して仕事をしてきました。エミリーは、ScalazやHaskellのコアライブラリなどの業界標準を含む、100以上のプロジェクトをオーサリングまたはメンテナンスしてきました。さらに、非営利団体Haskell Foundationの設立にも携わり、現在は初代CTOとしてHaskellを産業界に導いています。



インベスター



cFund


カルダノの設立主体であるIOGが出資し、Wave Financialが運営するブロックチェーン業界のアーリーステージのベンチャーキャピタルであるcFundが主導するシードラウンドで130万ドルを調達したことを発表しました。


Alameda Research


アラメダ・リサーチは仮想通貨デリバティブ取引所のFTXのサム・バンクマン・フリード氏が率いている会社です。


Double Peak


ダブルピーク・グループは、デジタル資産とブロックチェーンの分野への投資に特化したファミリーオフィスです。



パートナー



エコシステムの構築に協力しているパートナーについてご紹介します。


Runtime Verification


SundaeSwapプロトコルの公開に先立ち、広範なセキュリティ監査を行うためにRuntime Verificationを選択しました


MLabs


Haskell、Rust、Blockchain、AIのコンサルタント会社です。



Tokenomics



総供給量は、20億(※実装時の制約により変更される可能性があります。)


パブリック 55% (1,100,000,000 トークン)

チーム 25% (500,000,000 トークン)

投資家 13% (260,000,000トークン)

将来の採用者 5% (100,000,000 トークン)

アドバイザー 2% (40,000,000トークン)


5つのエポックに分けて、5%の供給量をISO(Initial Stake Pool Offering)参加者に分配します(エポックごとに1%ずつ)


チーム/投資家の権利確定

4年(チーム)または2年(投資家/アドバイザー)のスケジュールでリリースされ、権利が確定したトークンは、日割り計算で毎月放出されます。



ガバナンス


SundaeSwapのガバナンスはDEX立ち上げ時から始まり、完全にオンチェーンでユーザーがSundaeSwapプロトコルの未来に参加できるようになります。 ガバナンスを通じてプロトコルの構築に参加したユーザーは、それに応じた報酬を得ることができます。トークンを別のアドレスに委ねて投票することも可能です。



SundaeSwapの特徴


カルダノブロックチェーンでの実装となるため、eUTXOを採用しているDEXとなります。



DEXとは?



DEX (Decentralized Exchange)とは、スマートコントラクトを利用することで、従来は中央集権が管理していた取引所を、ユーザー同士が安全性を確保しながら取引できるもの。


市場の流動性を提供したユーザーは、通常は大規模な機関に限られていた手数料の収入を得ることができます。



AMMとは?



古典的な金融では、取引所が中央機関として、注文台帳を管理し、買い手と売り手をマッチングさせています。


一方、分散型金融がもたらしたイノベーションの一つに、「オートメーテッド・マーケットメイカー」(AMM)という概念があります。


AMMでは、ユーザーは他のユーザーと取引をしているのではなく、スマートコントラクト内にロックされた流動性に対して取引を行います。


このようなモデルでは、資産の価格設定と分配が、数学的な公式やアルゴリズムによって満たされます。


(SundaeSwapは最初、Uniswapが普及させたモデルを応用した自動マーケットメーカーを提供します。)


価格決定メカニズムの例

x * y = k

xとyはプール内の各トークンの数を表す。xとyは時間の経過とともに変化するが、kは一定であり、AMMは任意の時点で各資産の価格を決定する。

x=100枚、y=50枚、k=5,000

これにx10枚提供 x=110、k=5000、y=45.45、x10枚にy4.54枚が交付

再度x10枚提供、x=120、k=5000、y=41.666、結果x10枚にy3.787枚交付


流動性が低い(プールが小さい)とスリッページ(価格差)が大きくなり、流動性が高い(プールが大きい)とスリッページが小さくなります。


したがって、ユーザーが最も効率的な取引をするためには、多くの流動性が集まっているDEXが有益です。



インパーマネントロス(変動損失)とは?



インパーマネントロスとは、(LPトークンをつくって流動性提供した場合に)なにもせずにそのまま暗号通貨を持っていたほうが利益があったときの差額のことです。


例えば、1BNBが100ドル→400ドルに価格上昇した場合


・1BNB=100ドルと、100BUSDをそのまま持っていたときは、合計200ドル→500ドル(400ドル+100ドル)

・1BNB=100ドルと100BUSDでLPトークンをつくり、流動性提供した場合は、0.5BNBと200BUSDが戻ってくるので、合計200ドル→400ドル(200ドル+200ドル)


(※LPトークンの場合、価格上昇した通貨の枚数が減り、価格下落した通貨の枚数が増えることで、x * y = kのkが一定に保たれます。


結果的に、そのままBNBを持っていたほうが100ドル得していた(500ドル-400ドル)という差額のことです。



SundaeSwapの将来性・メリット


カルダノは時価総額3~5位



カルダノは暗号通貨の時価総額3~5位です。カルダノ内のエコシステムのDEXには、ここからの資金の流入があると予測することができます。

(※どのプロジェクトに流入があるかどうかは、また別の問題です。SudaeSwap以外にもたくさんのDEXプロジェクトがあります。)



流動性の重要性


AMMとは?の項目にも書いた通り、流動性が低い(プールが小さい)とスリッページ(価格差)が大きくなり、流動性が高い(プールが大きい)とスリッページが小さくなります。


したがって、ユーザーが最も効率的な取引をするためには、多くの流動性が集まっているDEXが有益です。


流動性が高い→スリッページが小さく使いやすいDEX→人が集まる→流動性が高くなる→…


DEXにおいては、このような好循環が存在しえます。



ネットワークエフェクト


SudaeSwap × CardStarter


SundaeSwapは、カルダノプロジェクトアクセラレーターであるCardStarterとパートナーシップ契約を締結しました。

CardstarterはローンチパッドでプッシュされたプロジェクトのTVLを、SundaeSwapのDEXのローンチ時に移行します。


SundaeSwap × Liqwid Labs


Liqwid Labsとのコラボレーション。SundaeSwapは、LiqwidがAlonzoハードフォーク時に統合するカルダノDEXとして選択することになり、LiqwidはLQガバナンストークンを通じて、ローンチ時にDEXに追加の流動性を提供します。

Liqwid社は将来的に多くのDEXと統合するでしょうが、その最初の統合先として選ばれたことにはある種の誇りがありますとアナウンスを出しています。


SundaeSwap × MELD


SundaeSwapは、互いのエコシステムをサポートするためにMELDと提携しました。

SundaeSwapのユーザーは、MELDの深い流動性プールへのアクセスを享受することができ、これによりスリッページが減少し、SundaeSwapプラットフォームのユーザーにとっての価値が向上します。MELDのクレジットマーケットは、MELDプロトコル上の担保として$SUNDAEトークンをサポートし、貸し出し市場にさらなる流動性を提供します。



手数料の削減について(※今後の課題)


SundaeSwapトークンは、大口トレーダーのオーバーヘッドを軽減する手段として想定されています。機関投資家、アービトラージアシスタント、マネージドポートフォリオは、SundaeSwapトークンを使って、取引の手数料を安く支払うことができます。これにより、機関投資家のオーバーヘッドを軽減すると同時に、これらの大口顧客にインセンティブを与えることができ、結果的に流動性提供者の全体的な利回りが向上します。



シームレスなアップグレード


改良を加えた新しいプロトコルをリリースしても、前バージョンのコントラクトに流動性が固定されているため、初期流動性がないというデメリットがあります。


SundaeSwapでは、シームレスなアップグレードを可能にすることを計画しています。


これを実現するために、流動性を保持しているバリデータのコントラクトは、将来のバージョンのプロトコルで使用できるようにしています。


この将来のバージョンのリストは、最初は無効ですが、SUNDAEトークン保有者の投票により、この値を更新して新しいコントラクトを指すようにすることができます。


この値が更新されると、ロックされた流動性はユーザーの操作なしにプロトコルの新バージョンに直接使われるようになります。

これにより、将来のバージョンのプロトコルは、大量の流動性を持つ10日目から起動することができ、コミュニティのコンセンサスが得られれば、改良されたプロトコルの採用が加速されます。


このアップグレードメカニズムの安全性を確保するために、私たちは多大な努力を払っていますが、これは明らかにデリケートな攻撃対象です。

上記のプロトコルにはいくつかの拡張機能がありますが、その詳細は現在検討中で、今後のホワイトペーパーでご紹介する予定です。



その他


・fee-sharing initiatives

流動性を提供し、手数料の一部を徴収することができます。詳細は後ほどだそうです。


・SundaeSwapのスケーリングソリューションについては、今後のホワイトペーパーで紹介するそうです。



SundaeSwapの価格動向・チャート


ローンチは、1月20日



SundaeSwapでできる稼ぎ方・提供サービス


SundaeSwapはカルダノ上のDEXです。

・イールドファーミングなどで報酬を得ることができます。



Sundaeトークンの買い方


Sundaeを手に入れる方法

・ISO

・DEXでスワップ

・流動性提供による報酬


ISO = Initial Stake Pool Offering - ADAの報酬とSundaeSwapトークンを獲得するために、私たちやパートナーがスピンアップするステークプールに委任することができます。これは、dexのローンチと同時に利用可能になります。


サンデースワップのISOの参加方法は、ISOに指定されたステークプールに特定期間(1/20~、5エポック)委任するだけです。通常のステーク報酬+いくらかのSundaeがもらえます


指定プール


・ISOやSundaeトークンにはどのようなウォレットが使用できますか?

Daedalus、Yoroi、Adaliteのウォレットは、ISOと同様にCardanoによるstakingをサポートしています。

・SundaeSwapトークンのスタート価格はいくらになりますか?

トークンの初期価格はまだ決まっていません - SundaeSwapチームが価格を設定することはありません。


5つのエポックに分けて、5%の供給量をISO(Initial Stake Pool Offering)参加者に分配します(エポックごとに1%ずつ)



この記事は楽しんでいただけましたか?


↓下のシェアボタンから、Twitterやブログ等でこの記事をシェアしていただけると嬉しいです。

もしよろしければ、HUNNYプールへの委任をよろしくお願いします!











Comentarios


bottom of page